日本岸田首相、OECD会議でルールベースのグローバル秩序と新興国支援を強調

Estimated read time 1 min read

岸田文夫日本首相は、パリで開かれる経済協力開発機構(OECD)会議に参加し、規則に基づく国際秩序の必要性を強調すると発表した。

岸田文夫日本首相は、水曜日、パリで開かれる経済協力開発機構(OECD)会議に参加し、グローバルな挑戦と緊張に直面した規則ベースの国際秩序の必要性を強調すると発表した。

岸田首相は東京羽田国際空港で記者たちに「日本が自由で公正で、規則に基づく国際経済秩序を創出し強化する上で主導的な役割を担うことを強調したい」と話した。

岸田はまた、新興国、特にインド太平洋地域のOECD加入を支援するための努力を強化する計画だと述べた。 OECDの38の加盟国はほとんど西欧の先進国です。 日本と韓国は東アジアの唯一の2つの加盟国であり、インドネシアとタイの両方がOECDに加入したいと考えています。

岸田首相は、AIの開発と活用、虚偽情報の拡散などを議論するための多国籍フレームワークも提案すると予想される。

今年は日本がOECDに加入して60周年になる年でもある。

日本は、東京が共通価値と民主主義の原則を共有すると考える新興・発展途上国との関係を深めるため、ブラジルとパラグアイも訪れる予定です。

ブラジルは20の先進国および新興市場の国家グループの議長国です。

岸田首相は、サンティアゴ・ペニャパラグアイ大統領と会談を行い、日本とパラグアイ間の経済、空間、情報通信分野の協力を議論することを希望すると明らかにしました。

Kishidaはまた、50社の役員を含む170人のビジネスミッションを南米の2つの国に派遣すると述べた。

READ  改装されたスリッパ列車:ビジネス障害に直面したユニークなリゾート
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours