日本工場の生産量、ファンデミック以降の最も弱い四半期記録

Estimated read time 1 min read

(ブルームバーグ) – 日本の工場生産量は今年3月に暗鬱な始まりに反騰し、四半期ごとの数値はファンデミックが最高潮に達して以来、最も弱い成果を記録した。

Bloombergで一番読んだこと

火曜日の産業部資料によると、3月の産業生産は2ヶ月連続で減少傾向を見せた需要が回復し、2月より3.8%増加した。 これは市場予想値の3.3%上昇を大きく上回る結果だ。

生産量の改善は、東京北西の旧正月の地震と自動車産業の生産量の中断が1月から活動に負担を与え、第1四半期初めに弱気を見せた後に出たものです。 四半期ごとにみると1~3月の生産量は5.4%減少し、2020年第2四半期以降最悪の実績を記録した。

NLI経済研究所の斎藤太郎経済研究所長は「自動車の安全スキャンダルにより1月と2月の生産量が急減した」と話した。 「いよいよ回復税を確認できるようになりました。」

経済学者たちは、日本経済が2023年の最後の期間に成長を止めた後、2024年第1四半期に若干萎縮する見込みでした。 斉藤氏は、経済が第二期に成長傾向に戻ると信じていると述べた。 産業部は工場生産が4月に4.1%、5月に4.4%増加すると予想した。

火曜日の他の報告によると、小売販売は前月より1.2%減少し、労働市場は依然としてタイトでした。

生産、小売販売、労働市場の数値は日本の経済回復の脆弱な状態を強調し、国内消費は主な関心事の一つです。

政策立案者たちは今回の会計年度の強力な賃金引き上げが消費を促進し、成長を支え、需要主導の物価上昇を促進し、内需が経済の主な要因となる好循環構造を実現すると期待しています。

ブルームバーグエコノミックスが言う…

「日本の3月の産業生産の反騰は、安全スキャンダルによるダイハツモーター株式会社の一時的な生産中断により、自動車部門が打撃を受けた1~2月のクレーターを埋めることはできないだろう。 これは2024年第1四半期のGDPに小さな打撃を与えるでしょう。」

—木村太郎、経済学者

完全なレポートを読むにはここをクリック

日本の労働市場は、さまざまな部門にわたる人材不足のため、3月に追加の緊縮の兆しを見せました。 求職者対比就職率は1.28に小幅上昇し、エコノミストが予想した1.26を超え、内務省によると失業率は2.6%に維持された。

近年、外部需要が成長の主な動力となってきた。 3月の輸出は円安と中国の需要回復で4カ月連続増加傾向を続けた。

見通しには危険があります。 国際通貨基金(IMF)は、持続的なインフレと地政学的リスクのために見通しがまだ脆弱であると警告し、世界経済の成長に対する期待を高めました。

世界貿易機関(WTO)も先月同様の評価を出した。 2024年初め、グローバル貿易が徐々に回復するという期待を打ち出して、地域の葛藤と地政学的緊張によって利益が蒸発する可能性があると述べた。

ドルに対する円の価値が34年で最低に下がると、コストが再び上昇する可能性があります。 つまり、食品やエネルギーの輸入コストが高くなり、インフレを促進できます。 その場合、家計の予算緊縮がさらに深まり、好循環構造に対する疑問が提起される可能性がある。

(レポートの詳細を追加します)

Bloomberg Businessweekで一番読んだこと

©2024ブルームバーグLP

READ  日産はロシア事業を1ユーロに売却し、6億8700万ドルの損失を被った。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours