日本工場の生産量増加、インフレによりBOJ出口が複雑になる

1 min read

カジモテテシジ

東京(ロイター) – 日本の工場生産量は4月に2ヶ月連続増加したのに対し、小売販売も増加したことで、金曜日のロイター世論調査によると、経済回復の新たな兆しが強調されています。

全国より1カ月先に発表される東京地域の源消費者物価(CPI)の上昇傾向は5月に入ってさらに速くなったと見られる。

多くのアナリストは、経済が底を打ち、今四半期に成長傾向に戻ると予想しています。 円安の増加によるインフレの上昇により、消費者は支出にさらに注意を払い、経済は今年の最初の3ヶ月間に年間平均2%萎縮しました。

SMBC Nikko Securities のアナリストは、「自動車工場の活動の再開により、輸送機器機械の上昇が続く。海外需要回復は、チップ製造やその他の生産機械の生産量を増やすのに役立つだろう」と書いた。 メモ。

18人の経済学者を対象とした世論調査によると、工場生産量は3月4.4%増加に続き、4月0.9%増加したことが分かった。

新鮮食品価格を除く東京地域5月のコアCPIは、再生エネルギー負担金の引き上げにより、4月の1.6%から前年同期比1.9%上昇したと推定される。

インフレの主な指標として機能するCPIデータは5月31日に発表されます。

金曜日の独立した政府データによると、4月の全国コアCPIは前年同期比2.2%上昇し、わずかに鈍化しているが、2年以上中央銀行目標である2%以上にとどまり、日本銀行の印象努力を複雑にした。 追加料金。

中央銀行は2007年以来、3月のマイナス金利で画期的な転換を達成するために初めて金利を引き上げました。

5月31日に発表されたデータによると、求職者1人あたり1.28の雇用が提供され、着実な失業率が2.6%となると予想されます。

4月の小売販売増加率は前月の1.2%から1.9%に高まったと推定される。 これは国家経済生産量の半分以上を占める民間消費を全体的に反映したものだ。

住宅着工不振は、3月の12.8%下落から4月の0.2%下落に緩和すると予想されます。

産業生産量、小売販売、住宅着工に関するデータは5月31日に発表される予定です。

READ  アウディ、フィリップノアック社長がV型8気筒600PSの新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」「RS Q8」を日本初公開
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours