経済

日本建築様式が加味されたペストリーショップがある国立建築博物館

クリーブランドパークの人気ベーカリーSakuSaku Flakerieは、国立建築博物館のグレートホールにカフェをオープンしています。

人気のクリーブランドパークベーカリー サクサクプレイカリー 国立建築博物館大講堂にカフェをオープンします。

SakuSakuは、オーナーの日本遺産にインスパイアされた日本風のフランスパン屋です。 メニューには、クロワッサン、kouign amannケーキ、キッシュ、コーヒーが含まれます。



建築博物館は2021年4月に再び開業以来、カフェがありませんでした。

カフェはYuriとJason Oberbillingが所有しています。 Yuriは日本の神戸で育ち、日本の影響を受けたレシピを担当しています。 Jasonはビジネスとマーケティングを管理します。

DCに新しい場所を開くSakuSaku FlakerieのオーナーであるYuriとJason Oberbilling(Courtesy SakuSaku Flakerie)

「SakuSakuは、新鮮で薄いペストリーを一口噛むときにどんな音がするのかを説明する日本語の言葉です」とJasonは言いました。 「博物館で観客と食べ物を共有し、信者が博物館のインスピレーションを与える素晴らしいホールと魅力的な展示を発見するように招待することを楽しみにしています。」

SakuSakuのCleveland Parkの場所はイタリアのレストランTrattoria Al Voloに欠けています。 イーターDC Cleveland Parkの新しいベーカリーと呼ばれました。

WTOPのように Facebook そしてWTOPをフォローしてください。 Twitter そして インスタグラム この記事と他の記事の会話に参加します。

ここからサインアップして、速報と日刊ヘッドラインを電子メールの受信トレイとして受け取ってください。

©2022 WTOP。 すべての権利を保有。 このウェブサイトは、欧州経済地域に居住するユーザーを対象としていません。

READ  日本の個人データを保護するために、中国からのアクセスをブロック

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close