日本弁護士団体、公園開発影響検討が非科学的であり、東京に公園開発中止を促す

Estimated read time 1 min read

日本弁護士協会は、開発者の環境評価が客観的で科学的な面で不足していると論争の余地がある東京の公園地域の再開発を中断することを東京市政府に促す声明を発表しました。

ソウル市は開発者が提出した環境評価をもとに、2023年2月に神宮海苑再開発事業を承認して着工を許可した。

この計画には、緑豊かな空間が貧しい都市に数千本の木が脅かされると批評家が言う大規模な建設プロジェクトの一環として、有名な野球スタジアムを破壊して再建することが含まれます。

建築家、環境運動家、学者など、何百人もの外部の専門家が公開書簡と請願キャンペーンを通じてプロジェクトの中断を求めてきました。

開発者は、不動産会社である三井不動産、明治神宮、伊藤忠工事、政府傘下日本スポーツ協会です。

最近、このプロジェクトに反対する日本弁護士協会は木曜日の声明を発表し、弁護士団体は環境評価に十分なデータが不足して誤った調査方法を使用したと明らかにしました。

一例として、国連傘下の環境団体は、その地域のイチョウの健康状態が悪化していることを発見したにもかかわらず、開発者の報告ではイチョウの状態を言及していないと声明は述べた。 環境論者は、開発の一環として計画された高層ビルが近くのイチョウの木に近すぎると言いました。

また、東京ガイエン地域に「遺産警報」を発令した国際記念物遺跡協議会(ICOMOS)日本支部は、環境評価会議に招待されたことがないと弁護士協会は明らかにした。

声明は「私たちは報告書が客観的でも科学的かとは思わない」と明らかにした。

この報告書は東京都にプロジェクトを中止し、開発者に環境評価を再提出して、専門家で構成された調査パネルのレビューを受けるよう促した。

小池百合子東京都知事は金曜日の記者会見で弁護士協会の声明の詳細を知らなかったと述べたが、東京都の2023年の開発計画承認が適切だと提唱した。

東京政府が正式にプロジェクトを中断したことはありませんが、開発者はおそらく抗議のために木の伐採を含むいくつかのプロジェクトを自発的に延期しました。 主な開発者である三井不動産は、近隣のイチョウのプロジェクトへの影響を見直しており、公衆の理解を得るために透明性とコミュニケーションを改善するために努力していると明らかにしました。

弁護士協会はまた、尊敬される影響評価団体である国際影響評価協会が2023年6月に東京知事にプロジェクトの中断を促したが、上訴は無視されたと指摘しました。

READ  テバ、厚生労働省、成人片頭痛の予防のために、日本でAJOVY®(プレノックアウトジュマプ)注射を承認したと発表し
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours