経済

日本情報局、中国経済安全保障脅威警告

公安局は軍事的目的に使用できる技術を確保し、人材を採用する方向に動いている中国の経済安全保障脅威について警告した。

機関は金曜日に発表した年次報告書で「中国が(日本)企業を買収し、高級専門人材を誘致する作業を続けるという懸念がある」と話した。

報告書によると、半導体分野など分野で中国企業が日本企業に投資したり買収を試みた事例がある。

報告書はまた、日本の研究者が豊富な資金で海外から人材を募集するために中国の「天人プログラム」に参加していると伝えた。

また、報告書では、機関は日本企業の機密情報を盗用するための一連のサイバー攻撃があったと述べた。 サイバー攻撃は日本と海外でますます普遍化され、洗練されている。

機関は中国、ロシア、北朝鮮を指摘し、一部の国家がサイバー攻撃に加担または支援する可能性に注意を促した。 サイバー攻撃の脅威がさらに深刻になっていると付け加えた。

北朝鮮は周辺国の状況に対して新種コロナウイルス感染症(コロナ19)対策の一環として国境閉鎖が長期化し、物価が上昇し食糧難が深化していると分析した。

報告書は習近平中国国家主席が来年北京冬季オリンピックと共産党大会を控え、国内安定を保障するために経済と社会に対する国家統制をさらに強化すると伝えた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  12月日本「経済監視者」心理が16年ぶりに最高値に上昇

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close