技術

日本技術リーダーが協力してデジタルエンジニアリングプラットフォームを開発 – Digital Ship

日本の技術リーダーグループが東京大学で「海洋・海洋デジタル工学」(MODE)という協力プログラムを策定するために集まった。 このプログラムは、協力シミュレーションプラットフォームを構築し、海洋部門のデジタルエンジニアリング技術と技術を強化し向上させることを目的としています。

プログラムには、東京大学、NYK、MTI、JMU、三菱電車、古野、日本ラジオ、BEMAC、ClassNK、NAPAが含まれます。

日本の海洋産業は、グローバルな脱炭素化の文脈で新技術の開発と実装、船員を支援し安全を改善するために自律船を統合して輸送サービスを維持し、船の設計と製造プロセスの複雑さが増すにつれて高い生産性を保証するような課題に直面しています。

MODEは、自動車業界でますます導入されているモデルベースの開発(MBD)とモデルベースのシステムエンジニアリング(MBSE)を使用してこれらの問題を解決することを目指しています。

MBDとMBSEは、製品とコンポーネントの機能をコンピュータモデルで確認し、シミュレーションで動作を確認することで問題にアクセスします。 MBDとMBSEを使用すると、複雑なシステム設計を最適化するだけでなく、荷主やオペレーターを含む幅広いステークホルダーが参加する共同開発プロセス(海洋および海洋デジタルエンジニアリング)を作成できます。

海洋分野のMBDとMBSEの研究と教育プログラムは、東京大学のフロンティア理工科大学院と先進工学を推進する世界中の他の大学や研究機関間の広範なネットワークを形成することによって設立されています。 イニシアチブや自動車、航空宇宙、航空などの他の産業分野の関連専門家。

このプログラムは、新しいテクノロジの展開でユーザーを開発、実装、および強化することを目的としています。 また、海上風力発電、海底資源開発など海洋分野への拡大も期待される。

READ  データ爆発で工場からチップを移す日本企業の需要増加

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close