技術

日本技術大企業ソフトバンク、四半期ごとに230億ドルの損失

東京 – 日本の技術企業であるSoftBank Groupは、インフレと金利に関する世界的な懸念の中で投資価値が下落し、4~6月四半期に234億ドルの損失を記録しました。

SoftBank Group Corp.の3兆1600億円の損失は、1年前の同四半期の7,620億円の利益から反転したものです。 四半期別売上高は6%増加した1兆5700億円(116億ドル)を記録した。

ソン・ジョンのCEOは月曜日の記者たちに「状況が本当に悪いことを謙虚で正直に認めなければならない」と話した。 「私はこれに直面しなければなりません。」

過去6カ月間の損失は約5兆円(370億ドル)であり、最近の赤字は会社設立以来最悪の四半期ごとの損失だと彼は語った。

3月に終わった会計年度にソフトバンクは1兆7千億円(130億ドル)の損失を記録したが、これは前年度の4兆9千億円の利益から反転したものです。 年間売上高は10.5%増の6兆2千億円(460億ドル)を記録しました。

Softbankのポートフォリオはウクライナの戦争に直接さらされていませんが、同社はグローバルな不確実性とインフレと高騰エネルギーコストが収益性を損なうと警告しました。

株価下落の大部分は、ソフトバンクが主要投資家である中国電子商取引大企業アリババの価格下落から始まった。 円安の下落は借入金を円に返済しなければならないため、東京に本社を置くSoftBankの収益にも打撃を与えました。

手は、問題がどれくらい持続するかは不明であり、グローバルな不安定とインフレのために数ヶ月または数年になる可能性があると指摘した。

Softbankの英国半導体およびソフトウェア設計会社ArmのNvidiaの売却計画は今年初めに失敗しました。 SoftBankは現在、IPOを含むArmで収益性の高い将来の成長を約束していますが、その提案の日付は発表されていません。

SoftBankは2016年にArmを買収しました。 Armは、AI、IoT、クラウド、メタバス、自律走行のリーダーです。 半導体設計は、ほとんどすべてのスマートフォン、ほとんどのタブレット、デジタルテレビに広くライセンスされて使用されています。 これらの技術は自律走行車の中核と見なされます。

ArmはSoftBankに対していくつかの肯定的な側面を維持していますが、Sonは最近の四半期の圧倒的に破壊的な結果を見落とさないと述べました。

低株価は低価格で買う機会と思われるかもしれませんが、SonはSoftBankが新しい投資をしっかり保留し、コストと雇用を減らし、代わりにすでに投資している470社以上に集中すると約束しました。 人工知能に。

彼はどのくらいの雇用が減少したかを明らかにすることを拒否した。

SoftBankはまた、中国の規制に苦しんでいるSoftBank携帯電話会社、Yahoo Webサービスプロバイダー、レンタカー会社Didiの株式を所有しています。 SoftBankには、Vision Fundsという他のグローバル投資家を含むファンドもあります。

ソン会長は依然としてビジョンファンド投資の可能性を信じていると強調した。

「私たちはこれが将来の大きな富の源であると信じています」と彼は言いました。 「しかし、私たちはそれが起こるまでは確かにわかりません。」

彼は一部の企業は興味深く、人類に役立つかもしれませんが、夢をあまりにも無謀に追求すると、時には消滅の危険があると言いました。

「そして私たちはどんな犠牲を払っても全滅を避けるべきです」とSonは言いました。

———

影山ゆりはTwitterでhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  MSI、AMD X670マザーボードデュアルチップセットデザインを発表

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close