技術

日本技術株下落、観光再開前に旅行株上昇

東京、10月7日(ロイター) – 日本の技術者が金曜日に下落し、海外の大物であるAdvanced Micro DevicesとSamsung Electronicsの警告信号の後、Sharp Corpなど業界の見通しに対する懸念で打撃を受けました。

航空会社、鉄道事業者、デパートを含む旅行関連株式は、来週の国境が観光客に再開される前に上昇しました。

AMDとサムスン電子とも予想より悪い実績ガイダンスを発表し、電子機器とその中に入るチップ需要に対する懸念が高まっている。

ディスプレイとセンサーを作るシャープは、日経225構成種目のうち最も多く4.24%下落し、チップ製造装置を作る東京エレクトロンは0.79%下落した。

GCI Asset Managementのポートフォリオマネージャーである高松池田氏は、チップ業界が圧迫を続けると述べた。 彼は「利益の増加を見にくく、半導体関連株が弱気を維持するとみられる」と話した。

Nikkeiのトップパフォーマンスの10社のうち8社が鉄道会社であり、Central Japan Railway Co、East Japan Railway Co、West Japan Railway Coは、月曜日の定期観光のために日本が国境を再開する前に利益を主導しました。

デパート事業者である伊勢丹三子ホールディングス株式会社、高島屋株式会社を含む小売株式も上昇しました。

Topix陸上運送株は1.11%、航空運送株は0.64%上昇し、全体の上昇した2部門だけです。

鉄道株式は昨年末以降ほぼ13%上昇したが、広範囲のTopix指数はこれまでの年初比で4.6%以上下落した。 金曜日に追加で0.82%下落しました。

東京証券取引所は、より多くの外国人投資家を引き付けるために設計された措置で、ほぼ500の企業をTopix指数から削除する予定です。

日本の日経平均株価は全体的に0.71%下落し、4日連続連勝行進を続けた。

指数は開場当時の鍵27,000選まで落ちましたが、徐々に回復して27,116.11に締め切りました。 週間には3.43%上がった。

Amemiya SokenのKyoko Amemiyaは、「市場は月曜日に日本の祝日で休業し、投資家は午後遅くに米国の主要な非農業給与データに対する慎重な態度を示し、取引が限られている」と述べた。

Rakuten Group Incは、Mizuho Financial GroupがRakuten Securitiesの19.99%を800億円(5億5,184万ドル)で買収すると発表した後、1.9%の損失を被りました。 みずほ株価は0.34%上がった。

Seven & I Holdings Co Ltdの株価は、日経でSharpの次に最も下落し、会社が現在の会計年度の利益予測を高めたにもかかわらず、3.5%下落しました。 ($1 = 144.9700円) (Sam Byfordと東京市場チーム報告、Uttaresh.V編集)

READ  この時計バンド革命である。! Apple Watchの新しいバンド「ソロループ」内部箱| ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close