経済

日本投資家、パキスタン訪問

ラホール:250人の日本企業代表団が9月の最後の週にパキスタンを訪問し、さまざまな部門で利用可能な機会を確認する予定だと投資委員会(BOI)が金曜日に明らかにしました。

BOIのAsad Rehman Gillani連邦大臣は、Lahore商工会議所で開かれた会議でこう述べています。

Gillaniはまた、サウジエンタープライズがパキスタン企業との合弁事業を開始することを熱望しているので、パキスタンの代表団は10月29-30日にサウジアラビアを訪問すると述べた。

連邦長官は、シェバズ・シャリフ首相が外国直接投資(FDI)を遮る障害物を除去するよう指示したと述べた。 ギラニは、投資が彼らの期待に合致せず、政治的不安定が海外と国内の投資に影響を与えていることを認めたと述べた。

経済特区(SEZ)は10年の免税期間があり、機械類はSEZ内の産業に対して免税輸入が可能であり、関連草案が準備されればビジネスコミュニティが参加するだろうと付け加えた。 彼はこれに関連する作業が12月まで完了することを望んでいました。

LCCIのMian Nauman Kabir氏は、ビジネスコミュニティがFDIの継続的な減少に疑問を抱いていると述べた。 彼は、法と秩序、マクロ経済の不安定性、政治的変動性、エネルギー不足などの問題がFDI流入を妨げていると述べた。

READ  多極世界のバイデン政権

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close