トップニュース

日本拉北者親族団体飯塚元代表、今年83歳で別税

1970年代と1980年代に北朝鮮によって拉致された日本人家族を代表する団体の首長だったいずかしげお(Iizuka Shigeo)が土曜日に死亡しました。 彼は83歳だった。

先週、北朝鮮に拉致された人々の間で象徴的な人物として知られる拉北者横田めぐみの弟である横田拓哉が飯塚の健康悪化でグループのリーダーを務めました。

1977年13歳に拉致された娘メグミの娘 横田咲恵と北朝鮮によって拉致された日本人家族団体を率いるいずかしげお(右)が2020年9月29日、東京で記者懇談会を持った後、出会いを持った後の記者会見をしている。 今月初め、日本の新しい首相になった後、初めて菅吉秀と一緒にした。 (刑務所)==刑務所

東京生まれの伊塚は、北朝鮮に誘拐された妹の田口智子の最初の指導者である横田の父シゲルの後に、2007年からグループを率いました。

横田の妹メグミは1977年13歳で学校から家へ向かう途中に拉致され、田口は1978年22歳に拉致されました。

横田シゲルは、2007年11月まで10年以上にわたりグループ会長を務めた後、健康上の理由で辞任しました。 彼はメグミと再会しなかったまま、2020年6月87歳で亡くなりました。

飯塚首相は去る10月、岸田文夫首相と会談で「多数の首相交代にもかかわらず、拉致問題に進展がないのが残念」とし「決して諦めない」と話した。

北朝鮮要員による過去の日本人拉致は、隠遁国家の核とミサイル開発とともに、東京と平壌の間の平和条約の主な障害であった。

日本政府は公式に北朝鮮によって拉致された市民17人を列挙し、北朝鮮が日本人の他の行方不明に関与していると疑っています。

17人のうち5人は小泉純一郎当時、首相の訪朝以来2002年に送還された。 日本は残りの12人の帰還を模索し続けている反面、北朝鮮は8人が死亡し、残りの4人は入国したことがないと主張する。

READ  日本のピンミン:G7での具体的な税率が議論されることを期待しないでください

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close