スポーツ

日本政府、与党との癒着に怒りの中で統一教調査開始

東京、11月22日(ロイター) – 日本政府は火曜日統一教会の調査に着手した。 これは岸田文夫与党との連携に対する大衆の怒りの中で統一教の法的地位を奪うことができる手続きの最初の段階だ。

政府は12月9日までに教会に財政と組織に関する質問に答える時間を与えると、長岡慶子文部科学省長官が定期記者会見で語った。

政府調査が終われば統一教会の法的地位を奪うかどうかとともに、日本で登録された宗教団体が享受する免税可否は裁判所が決定することだ。

去る7月、安倍晋三元首相が総選挙で銃撃を受けて死亡した後、執権与党である自民党(LDP)議員たちと教会との間の広範な連携が明らかになった。

安倍暗殺の容疑者である山上哲也は、大規模な結婚式で有名で批評家たちがカルトと呼ぶ教会について恨みを抱いていました。

Tim KellyとKaori Kanekoの報告。 編集キム・チャンラン、ケネス・マクスウェル

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の54歳の「キングカズ」は、彼を迎えるために8つのクラブが出たと言いました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close