日本政府、子供たちが誤って飲み込む「小さな時限爆弾」のおもちゃの規制

1 min read





米国国立技術評価院(National Institute of Technology and Evaluation)が提供した写真で、子供が誤っておもちゃを飲み込む様子を見せている。

東京 – 日本政府は、さまざまなイベントで子供が誤って飲み込んだ2種類のおもちゃを禁止することにしました。

岸田文雄内閣は5月16日、国際基準に合わない飽和すると膨張する磁石のおもちゃとビーズの生産と販売を禁止する法令を通過させた。 このおもちゃは、大人が気づく前に深刻な事故を引き起こす可能性がある「小さな時限爆弾」と見なされます。

経済産業省(METI)は6月19日から大きさや磁性の程度など禁止基準に合わない玩具を規制するために条例を改正する。





National Institute of Technology and Evaluationによって提供されたこの写真では、飽和水ビーズの膨張を見ることができます。

3~5mmの磁力が強いおもちゃはセットで大量販売される。 小さなボールとキューブの形で提供されるこのおもちゃを互いに貼り付けて、さまざまな形を作ることができます。 一方、水を吸収しながら膨張するビーズは、元の直径の数倍から数十倍まで大きくなり得る。

飲み込むと、このおもちゃは深刻な危険を伴います。 磁石のおもちゃは人の臓器を挟み、穴を開けることができます。 拡張された水のビーズはシートにしがみつくことができます。 消費者安全審査委員会によると、2017年から2022年まで、子どもが磁気玩具を偶発的に飲み込んだ事例が11件受付された。

消費者の生命や身体に危害を及ぼす恐れのある製品を消費者製品安全法に基づき政府令で「特定製品」と規定しており、この基準に合わない品目はMETIの製品安全(PS)マークを表示して販売を禁止します。 現在、この法律で指定されたベビーベッドなど10個の製品に磁石玩具と吸収性ビーズが追加される。

(日本語原文:Ayami Abe、ライフスタイル、科学および環境ニュース部)

READ  NASAの新しい「Lunar Backpack」は、月の探検家を助けるためにリアルタイムの3D地形マップを作成することができます
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours