トップニュース

日本政府、安倍の局長処理について反省

日本政府が9月、安倍晋三元首相の局長処理について専門家の意見を聞いている。

政府が安倍首相の葬儀を行うことにした決定に対して、大衆のすれ違った反応が出てきて、一部では政府が後援する葬儀を行うべき法的根拠が曖昧であるという指摘も出ている。 与党と野党で基準やその他の規則を設ける必要が高まった。

政府は憲法と行政法に関する学者や他の専門家の意見を求めている。

松野弘和官房長官は11日、政府が様々な専門家の意見をもとに、できるだけ早く議論になる部分を整理して解明すると述べた。

政府は合計20~30人程度の専門家たちに、国政に国会が参加すべきかどうかについて、それぞれの考えを聞いている。 彼らはまた、法案を開発する必要性について尋ねています。

政府は年内報告書を発表する計画だ。

READ  日本航空、2件の公衆故障後のPratt&Whitneyエンジンが搭載されたボーイングジェット機退役発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close