スポーツ

日本政府、調査後統一教会の解散命令を要求することも

岸田文雄日本首相は11日、日本政府が統一教に対する解散命令を裁判所に要請すると明らかにした。

岸田政権は、疑わしい財政慣行がフォロワーたちの家族の間で驚愕を起こしている間、執権自民党との連携について調査を受けている組織を月曜日に調査することにしました。

岸田文夫日本首相(右)が2022年10月18日、東京で開かれた衆議院予算委員会会議で発言している。 (刑務所)==刑務所

岸田は去る9月5日ホットラインが開設されて以来25日間、政府が1,700件以上の相談要請を受けた点を勘案して統一教に対する調査を文化部長官に指示したと話した。 調査後。

岸田議員は火曜日議会で不満のうち「刑事事件」とし、統一教が「刑法をはじめとする様々な規範に違反した可能性がある」と話した。

教会が解散命令によって日本で運営されることを禁止することはできませんが、行政上の特権を失う可能性があります。

この団体は安倍晋三元首相が去る7月、統一教の信徒の親族に銃を当て殺害されて以来注目されている。

宗教団体の調査は、当局が組織に「質問する権利」を許可する宗教企業法の規定に従って実施されます。

統一教は「先祖の業場」を煽るなど、脅威を利用して瓶などの物をとんでもなく高価に買うよう圧力をかける大規模な結婚式と「霊的商売」で主に批判の対象になってきた。 不幸のため。

裁判所の調査と判決の結果によって統一教は宗教法人としての地位を喪失し、租税恩恵を奪われる可能性がある。

長岡慶子文部科学省長官は、できるだけ早く調査を開始することを熱望していると明らかにし、岸田は調査期間を予測するのが難しいと述べた。

Kishidaは以前1954年に韓国の確固たる反共主義者によって設立され、しばしば異端に分類される統一教の調査を指示することに慎重でした。 これは、部分的に宗教の自由原則に違反する可能性があるという懸念によるものでした。

しかし、自民党と統一教会の軟膏が明らかになって宗教団体に対する反撃を強要され、政治的影響力を行使したのではないかという世論が沸いた。

2022年9月に撮ったファイル写真は、東京の統一教会で世界平和統一家庭連盟という名前を見せている。 (刑務所)

この問題は岸田内閣支持率が2021年10月執権以来最低水準に落ちるのに一役買った。 議論となっている安倍首相の9月27日、葬儀決定と賃金引き上げなしで物価上昇による物価上昇も論議となっている。 岸田に被害を与えたことが判明しました。

岸田首相は、火曜日に政府が公衆の支持の流れを覆すために、公平に世界平和と統一のための家族連合として知られている教会の犠牲者を助けるために消費者契約に関する法律を改正すると約束しました。

岸田首相は、行政部が12月10日まで進行中の臨時国会で関連法案を早ければ、国会に提出する容疑があると述べた。

これまで日本で違法行為で裁判所で解散命令を受けた宗教団体は2カ所だけだ。

1つは1995年に東京地下鉄で致命的なサリンガス攻撃を行ったAUM真理教カルトであり、もう1つは和歌山県に基づいた妙角寺寺グループでした。

妙高寺寺グループの僧侶たちは、悪霊に捕らわれていると言うことで助けを求めた人々をだまし始めました。

政府は、両宗教団体の幹部が刑事事件として宣告された後、解散命令を受けたため、両宗教団体の信徒について尋問する権利を行使しなかった。


関連範囲:

日本首相、反発の中で統一教の調査、最初の措置


READ  日本生まれの八尋、オーストラリア初の空手のオリンピック選手に選ば| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close