日本政府が正式にデフレ終息宣言を検討中

Estimated read time 1 min read

日本政府が物価が緩やかに下落しているという事実を認めてから約20年が過ぎた土曜日、日本政府がデフレの正式な終息宣言を考慮し始めたとこの問題に精通した消息筋が語った。

日本は「デフレ状態ではない」と主張したが、まだデフレがすでに過去のことであるという確信はない。 価格と賃金が上がらないという根強い国民の認識を取り除くために長年努力してきました。

しかし、最近の輸入コストの上昇によるインフレと持続可能な賃金引き上げの見通しにより、日本がデフレ戦争を終わらせる道を開いているようです。

政府は今春、労使賃金交渉の結果と物価上昇率の見通しなどを綿密に検討し、日本がデフレの完全な脱皮を宣言できる条件が設けられたかどうかを判断する予定だと消息筋は伝えた。

日本は物価下落で企業利益が打撃を受け、賃金引き上げも阻害される悪循環に陥っている。 以後、経済の大部分を占める民間消費が停滞した。

正式な発表は象徴的ですが、日本経済の主な成長のボトルネックの1つが排除されたことを意味します。

消息筋によると岸田文雄首相や閣僚たちの公開宣言、政府が月間経済報告書を通じて声明を発表するなどの案が可能だという。

政府の管理者は、すべての決定は経済状況によって変わると述べた。 彼らはまた、それが最終的に首相に依存していることを認めます。

日本がついにデフレから抜け出すチャンスをつかむと言った岸田首相は、執権自民党をさらった生活費の上昇と政治資金スキャンダルによって国民支持率が急落することを目撃しました。

過去10年間に施行された日本銀行の前例のない通貨緩和措置は、2%のインフレ目標を目指す公約を含む2013年政府との共同合意により、日本をデフレから抜けることを目指しました。

政府は2001年3月に経済評価を発表した時、日本が「適度なデフレ段階」にあると明らかにしました。 数十年が過ぎた今、日本の起源インフレは1月まで22ヶ月連続BOJの目標である2%を超えました。

上田和雄BOJガバナーは、最近、議会で、日本中央銀行が今春のマイナス金利を撤廃し、超緩和通貨政策から抜け出すという市場の推測について明らかに首をうなずいて、日本は「インフレ状態」にあると述べた。

物価を見積もる上で重要な経済指標のうち、日本の生産量格差が減っており、需要が回復しており、安定したインフレ達成に肯定的な進展が現れている。

政府関係者の一人は、内需支援のために設計された政策段階である所得税と住民税の引き下げが、日本の世帯に適用される時期に言及しながら「6月が重要だろう」と話した。

それにもかかわらず、政府内では物価見通しと2023年末に予期せず技術的景気低迷に陥った日本経済全般に対する不確実性が残っているため、デフレ終息宣言について慎重な立場をとっています。

BOJは、ボラティリティの高い新鮮食品を排除するインフレの主な尺度であるコア消費者物価の上昇速度が今後数ヶ月間鈍化すると予想しています。

一部の官僚は、これを形式的な問題として見て、終息を宣言することが優先順位ではないと言います。 なぜなら、今でも政府の公式の立場は、日本がデフレ状態にないということだからです。

政府関係者の一人は、政府がデフレが終わったと宣言した後、経済状況が悪化した場合、「悪く見えるだろう」と話した。


関連プレス:

BOJ上田総裁「インフレ2%目標まだ見えない」

日本の1月の消費者インフレは2.0%に鈍化しました。

FOCUS:現在、世界4位の経済局である日本は、低成長を逆転させるための急な道を歩いています。


READ  日本首相、フェローシに会い、中国の訓練「深刻な問題」 AP事業
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours