日本政府がTEPCOに対して訴訟を提起

1 min read

東京電力ホールディングス(TEPCO)が運営する福島第一原子力発電所で処理された放射性水を海に放出するための施設の一部である中央監視室の処理水移送スイッチが処理中に見えます。 2023年8月27日日曜日、日本北東部の大熊村で外信を対象に水希釈・排出施設見学。 [Photo/Agencies]

漁師など151人、毒性水放流中断を促す

日本政府と東京電力は核で汚染された水を海に放流した疑いで告訴されたが、国内外の抗議にもかかわらず依然として追加放流を計画している。

9月8日、福島県漁師など151人が原発で汚染された水の海洋放流を中断させるため、日本政府と東京電力を相手に訴訟を提起した。

月曜日、東京電力は福島第一原子力発電所で核汚染された水を太平洋に放出する2段階作業を10月に開始する計画だと明らかにしました。 月曜日に最初の放電段階が完了しました。

8月24日に始まった最初の段階では、約7,800トンの核で汚染された水が放出されました。 今回の会計年度には計4つ、つまり約31,200トンに達する製品が発売される予定だと日本日刊紙朝日新聞が報道しました。

原告らは、核で汚染された水を放流することは漁業権を侵害するだけでなく、国民が平和に生きる権利を脅かすと主張する。 彼らは政府の放出承認決定が違法であり、放出計画変更と施設稼働前検査に対する原子力規制庁の承認を取り消してほしいと要求している。 彼らはまたTEPCOに解放を停止するように要求しています。

原告側法務チームによると、今回の訴訟は日本で原発​​汚染水放流に異議を申し立てた最初の訴訟だ。 2次訴訟提起は10月末に予定されている。

日本の人権弁護士戸塚越郎は、チャイナデイリーに「今回の訴訟は、福島第一原子力発電所の汚染水海洋放流に対して日本国内の多くの人々が反対することを明らかに示すもの」と述べた。

戸塚は「私が理解するには151人だけでなく、より多くの人々が今回の訴訟の原告に合流することができ、反対運動がさらに大きくなる可能性があることを示唆する」と話した。

このような汚染と戦う訴訟は、汚染訴訟として知られており、非常に困難でした。 だが被害者たちは続けて闘争して最高裁判所にまで上がって勝利を収めた。 こうした動きは、汚染問題に対する国民の意識を高め、日本の政治に重大な影響を与えたと、トズカは語った。

原告側弁護人団共同代表である廣多津夫は、裁判所に行かなければならない理由を説明しながら、日本政府や東京電力の陳述は信頼できないと述べた。 このような状況で、福島住民は市民として、漁民として法廷に立つ以外は健康な生活を維持することができません。

日本政府は放射能汚染水の代わりに意図的に「処理水」を使用した。 専門家らは、福島水には日本が宣伝する三重水素だけではなく、様々な種類の核種が含まれている可能性があると明らかにしました。

弁護士らは8月23日、ニュースブリーフィングで福島復旧のために海洋放出が必要だという政府の説明は欺瞞的だと述べた。 タンクを設置できる7号機と8号機の計画された建設現場を含む敷地内外に多くの場所があるため、水タンクをすぐに取り外す必要はありません。

代替ソリューション

海洋放流の他に大型タンクを拡張したり、汚染水をモルタルで固めるなどの代替案も提示されたが、まだ十分に考慮されていないということだ。

過去に放射性廃棄物を故意に海に放流した事例はありません。希釈しても放射性物質の総量はそのままです。弁護人は「137、ストロンチウム-90、ヨウ素-129、炭素-14などが健康への影響が正しく評価されず、安全性も確認されなかった」と話した。

核汚染された水の放流による被害を事前に断定的に予測することはできませんが、特に代替案がある場合、これを海洋に放流するアプローチは、海洋汚染防止条約に規定されている予防原則に反します。 原告側の法務チームの共同代表であり、東京刑務所の法律事務所弁護士である海一雄一は、廃棄物やその他の物質投棄による汚染があると述べた。

彼は、日本政府の行動は漁民の生計に合わず、漁民の個人的な権利を侵害し、彼らの平和な生活を脅かすと述べた。

地元の漁師たちはすでに海洋放流を予想しており、宮城県のシーフード価格の下落を経験している。 漁師たちが望むのは、自分の製品が好きな消費者の笑顔を見ることだと週刊女性誌は報じた。

汚染水の追加発生を防ぐため、不透水壁の建設などの根本的な対策を講じることを強くお勧めします。 すでに生成された汚染水は、放射性崩壊が可能なように長期間陸上に保存しなければならず、モルタル凝固化など環境的に負担の少ない処理方法も真剣に考慮しなければならないとKaidoは言いました。

READ  日本の選手、冶金冶金銀メダル交換
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours