トップニュース

日本政府の太陽フレアの考えられる影響に関する報告書の作成

日本の通信部は、無線通信障害などの「太陽フレア」と呼ばれる大規模な噴火が太陽表面に及ぼす可能性のある影響に関する報告書を作成しました。

太陽活動には周期があり、太陽フレアが増加すると予想される2025年頃に強化される可能性があります。

火曜日に国防省のエキスパートパネルが発表した報告書は、太陽フレアが地球の磁場に障害を引き起こす最悪のシナリオを説明しています。

報告書は、携帯電話とテレビ放送サービスが2週間間欠的に中断される可能性があり、GPS衛星の精度が影響を受ける可能性があるため、自動車ナビゲーションシステムが正常に動作しない可能性があると述べた。

また、先制的な対策がない電力設備は誤動作を起こし、停電が発生する可能性があると明らかにしました。

レポートでは、社会的影響に焦点を当てた予測と警告を導入することをお勧めします。 また、通信などの分野では、影響を受けやすい周波数を避け、有線通信などの代替手段を確保しなければならないとも明示されている。

日本国立情報通信技術研究所(National Institute of Information and Communications Technology)の石井守(Ishii Mamoru)は、企業がこれらのシナリオを認識し、インフラストラクチャを強化するための段階的な措置を取ることを望んでいると述べた。

READ  ボウブルー三上真史、「仮面ライダーセイバー」で水の検査役「ブルーの血が沸騰 " - ナタリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close