経済

日本政府の管理者は、貧しい人々が伝染病に対処できるように、新しい現金支払いについて議論します。 ロイター| 事業

投稿者:Yoshifumi Takemoto

日本政府と与党の管理がコロナウイルス感染症の影響に対処できるように低所得層世帯の追加の現金支払いの可能性を議論しイトダゴイ問題について直接の知識を持った二筋が月曜日ロイターに語った。

潜在的な支払額は、固定されていないが、政府の支出は、すべての市民に10万円(940ドル)の現金配布資料を提供した、以前のパッケージよりもはるかに低いようだメディアと対話する権限がない筋は語った。 匿名の条件で言いました。

以前の現金支払いは、政府に12.9兆円(1,200億ドル)の費用が聞き、赤字補償債券に資金を調達しました。

この議論は、失業と自殺を懸念している与党議員が貧困層のための10万円の現金支給を要求した後に出てきた。 また、育児のためのより多くのサポートと米やその他の株式の供給を推奨しました。

政府と与党は、次の会計年度の予算が議会を通過した後、新たな経済対策を用意することを目的としていると消息筋は伝えた。

麻生太郎財務相は、これまでの政府の即時焦点が予算を制定するものであり、緊急準備金は、必要に応じて盗聴されることができると主張しながら、新しい支出に抵抗してきました。

日本は産業界で最も大きな公的債務負担を抱えており、財政タカ派は現金支払いについて警戒しており、これは経済浮揚に使われるのではなく、貯蓄につながることができます。

(1ドル= 106.6000円)

(Reporting by Yoshifumi Takemoto; Writing by Tetsushi Kajimoto; Editing by Edwina Gibbs)

READ  日本の株式市場は、ウォールストリートの上昇により高く終わり、ゆっくりと成長懸念重量

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close