経済

日本政府の責任あるサプライチェーンにおける人権尊重指針の採用に関する声明

UNDPを代表し、今日の採用を心から歓迎し、おめでとうございます。 責任あるサプライチェーンにおける人権の尊重に関するガイダンス 日本政府によって。 これは、日本の企業、サプライヤー、パートナーに、より平等で持続可能な社会を開発するために民間部門が果たすべき主導的な役割について強力なメッセージを送ります。

2020年10月、企業と人権に関する国家行動計画の採用とともに、この指針の承認は、企業と人権に関する国連の実施原則への献身を示し、日本を責任あるサプライチェーンのグローバルリーダーとしてしっかりと位置づけます。

これらの段階を通じて、日本政府も持続可能な開発を支援するという約束を再確認します。 ビジネス活動とバリューチェーン全体の悪影響を防止および解決することは、2030アジェンダの目標を達成するために企業が行うことができる最も重要な貢献です。

私は、紛争の影響を受けた状況で強化された人権実証の重要性を強調するこのガイドラインの範囲に拍手を送ります。 危機にさらされたサプライチェーン運営の影響を評価する際には、人権と紛争の感受性に対する日本政府と業界の努力を高く評価する。 コンテキスト。

サプライチェーンのグローバルな特性を考えると、これらの特性の政策の方向性は、国を超えて肯定的で革新的な変化を促進するために非常に重要です。 日本政府が採用した指針は、地域や世界中の何千もの企業やサプライヤーの事業運営に直接的または間接的に影響を及ぼすでしょう。

UNDPは、私たちがするあらゆることで人権を擁護する道徳的義務と実践的価値の両方を信じています。 人権を中心に、このガイドラインは、人、地球、企業のための持続可能な開発を進めるための貴重なロードマップを提供します。

今、ビジネスリーダーはそれに従う必要があります。 私は、民間産業がこれらの勧告を受け入れ、知識の共有、能力の構築、ステークホルダーへの参加、そして運営全体にわたる人権基準の体系的な実装を通じて、内部から変化を推進するように促しています。

UNDPは、この点で支援を提供するために日本政府と協力することを誇りに思います。 人権実践に関する教育および指導セッションは、日本および日本企業のサプライチェーンが基盤とする17カ国で提供されています。 これらの取り組みは、最近発行されたガイダンスに含まれる条項の概念を含む、今後数ヶ月間強化されます。

ガイドラインの内容は、UNDPが主催し、アジア太平洋地域の政策変化に専念する国連アジア太平洋地域の責任ある企業および人権フォーラムセッションにおける日本首相の人権に関する特別アドバイザーであるMr。 中谷が紹介されます。 日本。 セッションは9月22日午前9時に行われます。 イベント参加を希望する人は、直接または仮想で参加申請をすればよい。 フォーラムウェブサイト

READ  経済回復貿易アジア株式、商品利得| ロイター| 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close