経済

日本政府の週4日勤務支援の専門家分断

政府は、家族介護の責任があるか、新しい技術を習得するために、より多くの休暇を必要とする人々のために仕事と生活のバランスを改善することを目的と従業員が週5日ではなく、4日の仕事を選択することを奨励する計画である。

政府は、義久にシュガー首相の内閣が金曜日に確定した年間の経​​済政策指針に週4日勤務のオプションを含めた。

しかし、専門家は、国の労働力の不足に起因する問題を解決するための新たな取り組みが広く受け入れかどうかについて意見が分かれており、労使とも望ましくない結果に対する懸念を表明しています。

雇用者は、週に4日働く人々の動機が高まることが、これは失われた営業を補償十分生産性を向上させないことがあります。 一方、従業員は、給与削減を恐れています。

期待される利点の1つは、家族介護の責任がある人が仕事を辞めておく必要がないように支援し、反復的な教育を奨励し、より多くの人々が副業をするようにすることです。

コロナウイルス感染症は、健康危機のために、人々が家庭でより多くの時間を過ごすことに伴い、週4日勤務というアイデアを実現しました。

4月末、与党自由民主党は、政府が制度の採用を促進するための政策措置をとることを勧告した。

LDPは営業数が減少面」、様々な勤務スタイル」を奨励し、新しい技術を持った労働者がITと同じ成長産業に移動するように誘導することが予想されます。

シュガーは4月中旬週4日勤務の促進を議論した主要な経済と財政政策パネル会議で自分の政府が仕事をやめず、反復的な教育を通じてキャリアを向上させたい人のためのサポートを拡大することを検討するとと述べた。

OECDの調査によると、主要な経済国の中で、オーストラリア、カナダ、イタリア、アメリカの従業員は日本人より勤務時間が長くなります。 しかし、日本の労働市場は依然として硬直しており、他の先進国に比べて、人々が休日を少なく選択し、労働移動性が低いため、生産性が制限的に改善されました。

昨年、労働部が4000社以上の企業を対象に実施したアンケート調査によると、8.3%が週5日勤務より従業員に、より多くの休日を提供することが分かった。

インターネットや電子商取引サービス大手のヤフージャパン(Yahoo Japan Corp.)は、2017年4月から介護のためのより多くの休暇が必要な従業員に週に3日の休息を可能にし始めました。

ヤフージャパンの広報担当者は、「一部の従業員は、休暇を、子供の活動に合わせることがよりやすくなった言いながら、一般的に好評を受けている」と述べた。

一方、日本シンクタンク研究所の山田久会長は人事管理と評価が複雑になるため、政府の推進にもかかわらず、日本で週4日勤務が急激に拡散することを予想していないと述べた。

「従業員が副業をすると、管理者は、合計作業時間を把握して、週に二日を休む人と3日を休む人を均等に評価するのは難しいことです。 スタッフの立場では、主な仕事の収入が減少することを見たくありません。」と労働経済問題に精通した山田さんは言いました。

Yahoo Japanの少ない営業日のオプションを提供する他の多くの企業では、追加休日が無給で提供されます。 ヤフージャパンの広報担当者は、4月現在の会社の従業員約7,000人のうち、約100人が週4日勤務を申請したと発表した。 新しい技術を習得して副業をするなどの目的で、より多くの休暇をしたい人は、プログラムに参加することができないと彼は言った。

ジャパンリサーチの山田氏は、いくつかの中小企業は、これらの追加の休暇を余裕余裕がなく、一部の企業は、より多くの仕事をしたいの従業員にも週4日勤務を適用して、人件費を削減することができると述べた。

彼は「週に3日をスィルジかどうかを選択できる労働者の権利を保障する枠組みを政府が作ることが重要だ」と述べた。

Dai-ichi Life Research Instituteの経済学者Takuy​​a Hoshinoは、単に週4日勤務を導入するだけでも、従業員が自分のキャリアに役立つか、経済に貢献することで、休暇を使用することを奨励するものではないと言います。

彼は「企業がそのようなシステムを導入しようとする意図を明確にし、そのために従業員に必要な支援を提供することが重要である」と述べた。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  畳やすい収納可能なエコバッグをお勧め7線| ライフハッカー[일본 판]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close