エンターテインメント

日本政府は、オリンピック期間中、東京の準緊急状態を注視していません

日本政府は、多くの医療専門家がCOVID-19事例の潜在的な急増に懸念を表明したため、オリンピック期間中、東京を与えた緊急状態にすることを検討している関係者が語った。

オリンピックは7月23日に開始される予定だが、日本の首都に流入した人々と、より多くの感染の亜種によって誘発されたコロナウイルス感染の急増に対する大衆の恐怖が持続します。

4月末から東京は、より厳格な緊急事態に直面しているが、4次感染の波が多少緩和さに応じて、6月20日に終了します。

東京のほか北海道、大阪、福岡など9つの県の緊急事態に直面しています。

政府は現在、ほとんどの県で緊急事態を解除して、いくつかの県を遵守していない場合は、より少ない罰金を課すた緊急事態への移行する計画で、レストランやバーは、まだ営業時間を短縮するが主流を提供することができています。 。

関係者によると、政府は、8月8日締め切り予定オリンピックを通じて計画された準備上の状態を維持するか、オリンピック開幕前に解除して再充電するかどうかを検討するものと関係者は伝えた。

匿名を条件にした関係者は、「我々は、適切な措置をとることです。オリンピックのキャンセルまたは延期はない」と言いました。

管理は、オリンピックとパラリンピックを準備することは今7回豊富な民主主義グループの指導者たちが週末にスポーツ派手さの支持を表明した後、国際的な公約になったと述べた。

イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国首脳会談以来、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国の指導者たちが日曜日に発表した共同声明は、「グローバル団結の象徴として安全かつ確実な方法でゲーム開催を支持する」と述べました。 COVID-19を克服するために。 “

準備上の状況で知事は県全体ではなく、特定の地域での措置をとることができます。

ウイルス関連政府分科委員会近江茂(Shigeru Omi)をはじめとする感染症の専門家グループは、今週のオリンピックが予定通り開いたら、さまざまな健康上のリスクを公開することが予想される。

日本の最高COVID-19顧問のOmiは、世界保健危機の間に進行することが「正常でない」と東京オリンピック開催を懸念しています。

シュガー義久に首相は早ければ木曜日にタスクフォース会議を招集し、3次緊急事態を終息させるのかについての決定を下す予定だ。

去る3月、海外観衆が禁止された後、観客の政府と大会組織委員会が何をするのか注目が集まっている。

主催者は、観客席には少なくとも一部の人員を許可することを望んでい6月末までに、国内の観客の上限を決定する予定である。

限度は、スポーツ競技、コンサートなどの主要なイベントの参加者数に対する政府の制限に応じて設定される。

今月末までに、大規模なイベントに参加は、最大5,000名または会場収容人数の50%のうち、より少ない数に制限されます。

他のオプションの中で、政府は、現在の制限を10,000または20,000に緩和したり、数を会場収容人数の50%未満に制限する方法を模索しています。

小委員会は、7月と8月にメインイベントに数人参加できるかどうかを議論するために水曜日(水曜日)に会議を開催することです。

READ  ナオミ大阪がオリンピック、精神的健康とトレーニングについて議論

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close