トップニュース

日本政府は、企業に新しいSakhalin-1オペレーティングシステムの持分申請を要請したと述べた。

東京、11月1日(ロイター) – 日本産業大臣がサハリン1号石油・ガスプロジェクトのパートナーであった企業コンソーシアムにウラジミール・プーチン大統領の命令に基づき設立された新しいロシアオペレーティングシステムに対する持分維持を申請するよう政府に要請しました。 スポークスマンは火曜日に言った。

松野博和官房長官は記者会見で西村康史産業賞が日本企業コンソーシアムであるサハリン石油ガス開発(SODECO)経営陣と会い、ロシア企業に合流するよう促したと明らかにした。

先月、ウラジミール・プーチン大統領は、以前のExxon Mobil主導プロジェクトのための新しい事業者を設立する法令を発表し、クレムリンは外国の株主がSakhalin-1の持分を維持できるかどうかを決定する権限を与えました。 エクソン (XOM.N) モスクワがプロジェクトの利益を「一方的に終了」した後、ロシアを完全に撤退しました。 もっと読む

小宮関太郎記者キム・チャンラン編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Tonariは日本から直接和風イタリア料理をDCに取り入れます。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close