トップニュース

日本政府は、作業を減らすために四半期ごとの公開規則を破棄





日本金融庁の看板が東京で見えます。 (毎日)

東京(刑務所) – 日本政府が証券取引所で同様の開示を要請するにつれて、重複作業を排除するために四半期ごとの財務報告書を公開するように上場企業の義務規定を廃止することにしたと計画に精通したニュース言った。

政府は早ければ来年から金融商品・為替法改正案を国会に提出し、約4000社の上場会社に対する四半期別公示義務を改正することを目指している。

現在、上場会社は証券取引所の規定に基づいて3ヶ月ごとに監査を受けた四半期別の財務諸表を政府に提供し、実績を公示しなければならないが、市場公示内容が重なっている。

現行法によると、企業は四半期ごとの財務報告書に虚偽の記載をする場合、制裁を加えている。 ただし、収益レポートはタイムリーに開示することを重視しているため、証券取引所規則にペナルティはありません。

鈴木俊一金融賞が20日、政府会議で四半期公示義務化廃止案を発表した。

鈴木氏は、現在の重複作業を排除し、政府が人的資源にどれだけ投資するかなど、非財務情報の公開を促進する計画だと説明した。

公示制度を担当する金融当局は、四半期公示廃止後も企業に6カ月ごとに財務報告書を提出する方案を検討している。

金監院はまた投資家が改正案を逆行と認識しないように証券取引所が実績報告対象範囲を拡大するように励ます計画だ。

イギリスとフランスは、それぞれ2014年と2015年に義務的な四半期ごとの公開を削除しました。

義務的な四半期ごとの開示を廃止する動きは、企業が投資を犠牲にして市場を喜ばせる利益数値を優先するいわゆる「短期主義」に対処し、首相岸田文夫が主唱した「新資本主義」を促進するための努力の一環で行われました。 持続可能な成長に。

しかし、企業は依然として証券取引所の要求に応じて四半期ごとの結果を提供する必要があるため、法律による開示義務を排除すると企業行動の変化につながるかどうかは不確実である。

READ  日本のバイヤーは、第2四半期のアルミプレミアム$172/Tに同意すると消息筋は言います。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close