経済

日本政府は、東欧他のユニセフのWASHと医療サービスへのアクセスを強化するために470万ドルを寄付しました – シリアアラブ共和国

400,000人以上の人々が水、衛生、健康と栄養のサービスへのアクセスの向上の恩恵を享受します。

シリア、ダマスカス、2021年3月30日 – 日本政府は、ユニセフのシリア東部音でWASH、母子保健サービスへのアクセスを強化プロジェクトを支援するために、470万ドルを寄付しました。 East Ghoutaの約420,000人に到達することを目的とするこのプロジェクトは、子供、女性と家族がリハビリを介した安全な水と衛生に適して公平にアクセスできるだけでなく、切実に必要新生児と小児の健康管理サービスを受けるできるように助ける。

この基金は、経済的困難とシリアの長期的な危機の影響を悪化させるCOVID-19大流行の発生の中で最も脆弱な人々のために必須の水、衛生、衛生、健康と栄養サービスの継続性を確保するためにユニセフの努力を支援することです。

「子どもと家族は、10年の間に、シリア紛争を続けて経験し、基本的なサービスへのアクセスを妨害して福祉に影響を与えます。」とユニセフのシリア代表的なBo Viktor Nylundは言う。 「私たちは、東打数千人の人々が安全な飲料水、改善された衛生と衛生設備、重要な母子保健サービスを利用できるように助けてくれた国民と日本政府に感謝します。」

「すべての人は、上品で尊重する生活を享受する権利があり、East Ghoutaの人も例外ではありません。」と、シリア駐在日本大使館の明遠藤(Akira Endo)、シリア特別コーディネーターは言う。 「帰還者と東欧他の住民が住んでいる深刻な破壊と非人道的な状況を見て、日本政府は、きれいな水と丁寧な衛生施設へのアクセスを提供するために努力しています。 数千人の心理的なさようなら」。

2017年から日本政府は、ユニセフの介入を通じて、シリアの子どもと家族を支援するために6000万ドル以上の資金を提供しました。

メディアコンタクトSalam Al-Janabi通信責任者UNICEF Syria Tel:00963950044371

READ  トヨタ、新型「未来」のオンライン発表会で言われた魅力的な期待と役割 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close