日本政府観光局、日本を美食観光地に広める

1 min read

日本の国で開催された第7次UNWTOグルメ観光世界フォーラムに参加し、 30カ国から来た450人以上の代表団と125カ国から1,000人以上のオンライン出席者

2022年12月20日東京–(ビジネスワイヤー)–日本政府観光局(JNTO) 日本をグルメ観光の目的地として提示 第7回UNWTOグルメ観光世界フォーラム 2022年12月12日から15日まで日本国で開催されます。 世界観光機関(UNWTO)は、グルメ観光を旅行中の食品および関連製品および活動に関連する訪問者の経験を特徴とする一種の観光活動として定義されます。

このプレスリリースにはマルチメディア機能が含まれています。 完全なリリースを見る: https://www.businesswire.com/news/home/20221220005050/en/

第7回UNWTOグルメ観光世界フォーラムが日本の国で開催されました(著作権:ビジネスワイヤ)

JNTOは、フォーラムの世界中の視聴者に、日本のグルメ観光を促進するために訪問者が食文化の深さを探求することができる日本全土の目的地に関する情報を提供しました。 ここでは 酒のような必須材料を使用するなど、日本食文化の発祥の地の一つとして知られています。 再び (かつお貝、昆布、しいたけで作ったスープ)。

世界観光機構(UNWTO)とバスク料理センターが主催し、奈良県が主催し、日本観光庁が支援するフォーラムには、30カ国から来た450人以上の代表団と125カ国から1,000人以上のオンライン代表が集まった。 食品および観光部門の利害関係者を含みます。

開会式でUNWTO事務総長Zurab Pololikashviliは、「今年のフォーラムは、専門家がベストプラクティスを共有し、才能、持続可能性、革新と社会的包含におけるグルメ観光の役割を強化し、地域と農村開発」。

中山里子 JNTO副社長が社会を務める日本のグルメ観光に関するパネルディスカッションでは、食品、酒醸造、観光専門家がベストプラクティスを共有しました。 「JNTOは海外の観光客が日本を訪れる主な動機の一つであるため、食べ物をインバウンド観光プロモーションのフックとして使用しています」と彼女は説明しました。 「このパネルディスカッションは、グルメ観光の成功は、レストラン、酒醸造所、農家、宿泊施設、温泉オペレーターなどの地域のステークホルダー間の協力にかかっているという事実など、さまざまな観点から非常に有益でした.必要な人材開発技術も重要です.我々はまた、地域料理が戦略的にブランド化されれば、地域自体のブランド価値を高めるのに役立つことを学んだ」

JNTOは今後も多様な活動を通じて日本を海外観光客に旅行先として広報します。

日本グルメ観光の詳細を学び、イベントでJNTOが提供した広報資料を見るには、以下のリソースを参照してください。

テレビ番組
タイトル:「日本グルメ観光の魅力に関する番組特集」
プログラム: キャッチジャパン
放送:NHK WORLD JAPAN/jibtv
日程:2023年1月27日

ウェブサイト
「JAPANの叙事詩的な食事の冒険」: https://www.japan.travel/en/gastronomy/
「高級感が生きて息づく日本」: https://www.japan.travel/en/luxury/
「持続可能な日本旅行体験」: https://www.japan.travel/en/sustainable/
「日本の冒険」: https://www.japan.travel/en/sports/adventure/
「イスラム教徒の旅行者ガイド」: https://muslimguide.jnto.go.jp/eng/

プロモーション動画
「グルメ体験」: https://youtu.be/qwHyfALL0zs
「Enjoy my Japan -DELICIOUS JAPAN-」: https://youtu.be/pi_pHC6Qcyo

デジタルパンフレット
「高級感が生きて息づく日本」
https://partners-pamph.jnto.go.jp/simg/pamph/1617.pdf
「日本でより深く持続可能な経験を探る」
https://partners-pamph.jnto.go.jp/simg/pamph/1683.pdf

日本政府観光局について
日本政府観光局(JNTO)は、日本観光庁傘下の独立行政法人です。 JNTOは海外に観光振興事務所を運営し、日本の観光を促進し、海外訪問者に観光情報を提供します。

businesswire.comでソースバージョンを見る: https://www.businesswire.com/news/home/20221220005050/en/

コンタクトレンズ

メディア連絡先
写真の使用を含むメディアに関するお問い合わせは、以下のJNTO公報室にお問い合わせください。
[email protected]

READ  レッドソックス、日本のRHP澤村拓一、2年契約を締​​結
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours