日本文化有功者のうちテニスレジェンド吉田一子

Estimated read time 1 min read
読売新聞ファイル写真
2004年のテニスコートで吉田和子(本名Sawamatsu)が見えます。

11.3 文化の日を控えた火曜日、政府が発表した今年の文化有功者20人には、元プロテニス選手が含まれている。

沢山の記録を立てた沢松の甥である吉田一子は、「とても驚くほど光栄です。 「私はテニス世界の発展を助けるために私ができる限り最善を尽くしてきました。」

1951年、兵庫県で生まれ、テニス選手の家で育ちました。 16歳で彼女は当時最年少で全日本テニス選手権大会で優勝しました。 彼女の武器は、堅牢な防御と組み合わせた安定した比類のないストロークでした。

ホームではほぼ無敵で、日本で192試合連続勝利記録を保有しています。

1975年、彼女はアメリカのAnn Kiyomuraと共にウィンブルドン女子ダブルスタイトルを獲得し、グランドスラムを獲得した最初の日本女性となりました。

彼女は「周辺の人々が私よりも神が出たようだった」と話した。 「信じられなかったので、ただ出かけた」

引退後、彼女は夫が設立した吉田記念テニストレーニングセンターを中心に女性スポーツインストラクターの育成と車椅子テニスのサポートと強化に取り組んだ。 訓練を受けた人の中には、昨年東京オリンピックを含めて4つのパラリンピック金メダルを獲得した国枝申告がある。

センターの原則は、性別、年齢、身体能力に関係なく、テニスを通して人生を豊かにすることです。

彼女は「活動を続けながらこの原則に忠実であれば嬉しいだろう」と話した。

READ  南相一郎、ヤンキースのリミテッドパートナーになる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours