日本日経、ウォールストリートラリーで2週間最高値に跳ぶ、ハト派BOJ

Estimated read time 1 min read

ケビン・バークランド

東京、7月19日(ロイター) – 水曜日、日本の日経平均株価は米証券市場と中央銀行総裁の適度な発言に支えられ、2週間の最高値を記録した。

日経指数は7月6日以降初めて32,873.15をタッチした後、正午休会まで約1%上昇した32,810.30を記録しました。

より広いTopixは0.9%上昇した2,272.91を記録した。

一晩ダウ指数は1%以上上昇し、銀行の実績が堅調で経済が連着陸するという楽観論の中に7連続優勝セッションを記録しました。

一方、上田和夫日本銀行総裁は中央銀行のインフレ目標値である2%を持続可能で安定的に達成するにはまだ遠いとし、当分の間、超緩和通貨政策を維持するという意志を示した。

BOJは7月28日に政策を決定する予定です。

三井住友DS資産運用の吉川政之首席マクロ戦略家は「上田総裁の鳩の発言は円高の懸念を減らし、日本証券市場も反騰することは非常に論理的」と述べた。

彼は長期的に「日本のファンダメンタルはかなり良く見え、私たちはおそらく日本株の非常に強い第2ラウンドに入っているだろう」と付け加え、日経が年末までに35,000を突破できると予測しました。

日経指数は7月3日33年ぶりに最高値の33,753.33で急激に後退した後、先週回復傾向を見せています。 3月中旬以降、ほぼ27%上昇し、その地点に到達しました。

水曜日に、Nikkeiの225のコンポーネントのうち216のコンポーネントが上昇し、13は下落し、1は横になりました。

東京証券取引所の33の産業軍ともに荷主の2.6%ラリーを主導して上昇傾向を見せた。 Kawasaki Kisenは、Nikkeiの最高実績株式で6%以上急上昇しました。

日産モーターは、日経新聞が自動車会社のCFOが配当金の支払率を30%に戻したいと述べた後、5.9%上昇したもう一つの優れた勝者でした。 (Kevin Buckland記者、Subhranshu Sahu編集)

READ  日本国境閉鎖でグランプリ決勝戦をキャンセル
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours