技術

日本日経、ウォールストリート上昇追従、技術主導

東京、12月24日(ロイター) – 金曜日、日本の日経指数は、ウォールストリートの一晩の強気を見せた休日取引で、技術高比重が上昇傾向を主導して小幅上昇しました。

日経株価平均(.N225)は0203 GMTまで0.1%上昇した28,824.88を記録し、今週は約1%上昇する予定です。 より広いTopix(.TOPX)は0.04%下落した1,988.72を記録しましたが、週間0.22%の上昇を記録する予定です。

Tachibana Securitiesのリサーチ部門のShigetoshi Kamada General Managerは、「海外の参加者が少なく、取引量が減少するにつれて、投資家は高い技術比率の銘柄に賭けて日経指数を上昇させた」と述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

「今日の市場ははるかに少ないボラティリティを持っていますが、来週から海外の参加者が戻ってくるでしょう。

一晩ウォールストリートの主な指数は、オミクロンコロナウイルス変種を取り巻く発展に支えられ、休日に短縮された一週間を肯定的に締め切りました。

ワクチンメーカーAstraZeneca Plc(AZN.L)とNovavax Inc(NVAX.O)は、イギリスのデータは、デルタの亜種よりも病院の症例が比例的に少ない可能性があることを示唆しているため、彼らの注射はOmicronから保護されていると述べた。 もっと読む

しかし、公衆衛生の専門家はCOVID-19との戦争が終わらなかったと警告しました。

日本では、チップ製造機器メーカーの東京エレクトロン(8035.T)が1.56%上昇し、日経の利益を主導しました。 エアコンメーカーのDaikin Industries(6367.T)は1%、医療サービスプラットフォームM3(2413.T)は0.71%上昇しました。

Topixは、1.81%下落した電話会社NTT(9432.T)と2.24%下落した家電会社三菱電機(6503.T)によって下落した。

Z Holdings(4689.T)が3.33%上昇し、Nikkeiで最も上昇し、Screen Holdings(7735.T)が2.24%、日立Zosen(7004.T)が2.17%上昇しました。

Kawasaki Kisen Kaisha(9107.T)は2.44%下落した日経で最悪のパフォーマンスを記録し、Sompo Holdings(8630.T)は2.36%下落しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京でJunko Fujitaの報告。 Vinay Dwivediによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Nippon India、Sebiに電気自動車のインデックスファンドの申請

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close