日本日経指数、円安で自動車メーカーラリー促進

1 min read

ケビン・バークランド

東京、7月24日(ロイター) – 投資家たちが今週、日本中央銀行の売派的な政策調整に対する賭けを減らし、円安の中で自動車メーカーがラリーを繰り広げる中、月曜日の日本日経平均株価は3日ぶりに初めて上昇しました。

チップ関連株価は、米国の同種業界の動きに沿って2日下落後に反騰しました。 鉄鋼業者も東京製鋼の実績好調で、株価が毎日も急騰しながら上昇傾向を見せた。

日経は午前セッションを1.23%上昇した32,700.71で締め切りました。 指数の225個の構成要素のうち203個は上昇し、22個は下落しました。

より広いTopixは0.83%を追加し、2,280.88を記録しました。

輸送機器メーカーは1.55%上昇し、東京証券取引所の上位3つの産業部門に含まれています。

ロイター通信は、日本銀行(BOJ)政策立案者たちが金曜日2日間の政策会議を終え、収益率曲線統制設定を変更せずに維持する方向に傾いていると報道した後、日本通貨は去る金曜日2円からドル当たりほぼ142円まで暴落しました。

野村証券の澤田真姫戦略家は、「今週のBOJ会議に向かうより多くのメディア報道が外国為替などの市場を左右する可能性が高いため、投資家はこれに注意しなければならない」と述べた。

国内のオーニングシーズンも今週末に本格化し、今後個人の株価の動きがさらにはっきりする可能性が高いと彼女は付け加えた。

三菱モーターズはこの日の財務報告書を控えて5.55%急騰し、日経自動車株式の上昇をリードしました。

鉄鋼はTSEの最高業績セグメントでほぼ3%上昇しました。

チップ部門の巨大企業である東京エレクトロンとアドバンストは、それぞれ2.5%以上に上がりました。

銀行業は1%下落した最悪の業績部門で、ローンによる利益を圧倒したYCC持続見通しと金曜日予想収益を下回ったアメリカンエクスプレスの下落により下落しました。 (Kevin Buckland記者、Varun HK編集)

READ  日本航空のびっくりチケット急ション機械、売上増大に役立つ、Trending News
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours