日本日経指数、連盟の中断期待感に1週最高値締め切り

1 min read
読売新聞資料写真
東京証券取引所

東京 – 米国の基礎インフレが依然として緩やかで下落傾向を示しているというデータが、連邦が来週の金利を凍結するという期待をしっかりとしたため、日本の日経平均株価は木曜日の1週間の最高値を記録しました。

日経指数は1.41%上がった33,168.10で、9月6日以降の最高値を記録し、8月28日以降の日の上昇幅も最も大きかった。 トピックス指数は1.13%上がった2,405.57を記録した。

森田純千葉銀資産運用リサーチ部総括マネージャーは米国インフレ報告書に言及して「大きなイベントは否定的な驚きなしに終わり、これは投資心理を高めた」と話した。

ユニクロブランドのオーナーであるファストリテーリング(Fast Retailing)は2.96%上昇し、日経指数に最大の上昇幅を提供しました。

チップ製造機器メーカーの東京エレクトロン8035.Tは3.03%上昇し、チップテスト機器メーカーのAdvantestは2.02%上昇しました。

大和証券の林健太郎選任戦略家は「投資家は売りポジションをカバーするためにプレゼントを買い戻し、これにより現金資産が上昇した」と述べた。

「日本のデフレ脱出への期待により、投資家は日本の株式を買い戻すことになりました。」

インフレが日本銀行(BOJ)の目標である2%を1年以上超えると、市場参加者は中央銀行の超緩和通貨政策の変化に備えています。 BOJは来週2日間政策会議を開く予定だ。

小規模株式の中では、レストランチェーンがポジティブな年間展望を発表した後、トリキゾクホールディングスが8.96%急上昇しました。

旅行会社が​​損失を減らしたにもかかわらず、HISは7.17%下落しました。 同社は7月までの9ヶ月間で56億円(3,806万ドル)の純損失を記録したが、これは前年同期の332億6千万円の損失と比較される。

東京証券取引所の33の産業下位指数のうちの1つを除いて、すべてが上昇しました。 精油会社は3.49%上昇し、当該部門が最高実績を記録しました。 航空会社は0.14%下落した。

READ  米国、中国が反発するにつれてチップ制限について日本、オランダと協議
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours