日本日経指数が2ヶ月最高値を記録し、技術株価上昇の勢いを主導する – 2023年9月14日午後11時7分(EDT)

1 min read

東京、9月15日(ロイター) – 日本日経平均株価は金曜日のウォールストリートの一晩上昇を追跡しながら2ヶ月で最高値を記録し、ソフトバンクグループArm Holdingsの強力な市場デビュー以来、技術主が先頭を走っています。

日経指数は正午まで1.34%上がった33,613.52で、7月3日以降最高値を記録し、今週は3%上昇すると予想される。

より広いTopixは、1.25%上昇した2,435.62を記録し、週間3.25%上昇を記録する予定です。

岩井コスモ証券投資研究部有沢昭一総括マネージャーは「優先ウォールストリートが強かったため市場が上昇した」と話した。

「そしてArmの強力なデビューは投資心理を高め、チップ関連の株式を購入するようにしました」

米証券市場は、堅調な経済指標が、連邦政府が来週の基準金利を凍結するという期待を破ることができず、一晩中急上昇した。

肯定的な感情を加えるソフトバンクグループの Arm
Nasdaqに一晩強調され、価値は約600億ドルに達し、チップデザイナーの株価は取引の最初の日にほぼ25%上昇しました。

SoftBank Groupの株価はセッションの初めに最大5%上昇しましたが、午前のセッションを終了するためにほとんどの上昇を減らし、1.72%上昇しました。

日本では、チップ製造機器メーカーの東京エレクトロンが3.11%上昇し、日経指数に最大の上昇傾向を見せました。 チップテスト製造機器メーカーのAdvantestは、初期損失を放棄し、0.15%上昇しました。

センサーシステムメーカーのTDKは2.26%上昇し、エアコンメーカーのDaikin Industriesは2.26%上昇しました。

精油会社は4%上昇し、東京証券取引所の33の産業下位指数の中で最高の成果を収めました。 エネルギーエクスプローラは2.97%上昇し、ユーティリティ部門は2.74%上昇しました。

小売業者と航空会社は下落した唯一の部門でした。 (取材:藤田純子、編集:ソニアスカート)

READ  [빠즈도라 일기]ガチャドラの性能が「正常」も! 破格的な無料のキャラクターと言わざるをえない。 | AppBank
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours