日本日経指数は沈黙した。 技術者が下落するにつれて、5週間で初めて週間の下落を記録する予定

Estimated read time 1 min read

ケビン・バークランド

東京、12月1日(ロイター) – 債権利回り上昇で技術株が暴落し、日本日経平均株価が金曜日小幅下落し、4週連続上昇税以後初週下落税を継続すると予想される。

日経指数は今週0.08%下落した33,461.71で午前場を締め切り、0.48%下落を記録しました。

技術部門は唯一下落傾向を示した日経部門でした。 指数の225個の構成要素のうち81個は上昇傾向139個に比べて下落し、5個は保全税を示した。

より広範囲で技術が少ないTopixは0.35%上昇しましたが、依然として毎週0.32%下落しました。 Topixの価値株が0.62%上昇したのに対し、成長株は0.08%上昇しました。

技術企業はレバレッジが高い傾向があり、金利の変化に敏感です。 日本の長期利回りは去る金曜日0.7%で3bp上昇し、3日間急な下落傾向を見せた米国国債利回りが一晩反騰した姿を見せました。

野村証券の戦略家沢田真希は「過去数日間、収益率が下落して株式を裏付けたが、今日の収益率が反騰しており、株式に負担となっている」と話した。

「日経は現在の環境で38,000を取り戻せないようだ」と彼女は付け加えた。 「投資家は利益を得る機会を利用しています。」

日経指数は11月3年ぶりに最高月間上昇率を記録し、11月20日33,853.46で33年ぶりに最高値を更新しましたが、以後の勢いは消えました。

金曜日、日経の5大下落要因のうち4つは技術主でした。

スタートアップ投資家のソフトバンクグループは1.78%下落し、チップ関連株である東京エレクトロンとアドバンテストもそれぞれ0.70%下落した。 TDKは1.16%下落しました。

反対に、自動車メーカーはドルの数週間の最高値から円のオーブンナイトのフルバックのために支持を得ました。 トヨタとホンダはそれぞれ約1.3%上昇した。

最大の上昇傾向を見せたのは、7-Eleven店舗事業者Seven & i Holdingsでオーストラリアの7-Elevenチェーンを買収したと発表した後、5.44%上昇しました。 (Kevin Bucklandの報告、Rashmi Aichの編集)

READ  トランザクション通知:1800ドル未満のAlienwareの最も強力なAMDゲーム用ラップトップ
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours