日本日経株価指数、1989年記録破り、史上最高値に急騰

Estimated read time 1 min read

日本の日経225指数は、木曜日の金融泡が消える前の1989年に立てた最高記録を超えて急騰し、成長鈍化の時代を開いた。

指数は木曜日2.2%上がった39,098.68に締め切った。 従来の最高記録は1989年12月29日の38,915.87だった。 もう34年前に戻ってきた。

銀行が約100兆円に達する不良債権を蕩減し、市場は1989年頂点を取った後沈んだ。 株価は長年記録をはるかに下回ってきました。 2013年、阿部信条首相が擁護した一連の市場扶養措置が株価を上昇し始める前、ある時点で7,000選以下に落ちました。

市場は、東京取引所の取引量の大部分を占める外国人投資家の強い関心に支えられ、ここ数カ月で急激な上昇傾向を記録しています。

インフレが真に統制されれば、ヨンジュンが高金利引き下げを始めるという希望で株価が史上最高値を記録した米国とは異なり、日本では基準金利が10年以上マイナス0.1%を維持しました。

同時に、中国経済が鈍化し、米国と中国の緊張が高まっているため、多くのグローバル投資家が中国からポートフォリオを移しています。

東京株価は過去3カ月間で15%、昨年は約44%上昇した。 上海では物価が1年前より11%以上下落し、香港ハンセン指数は約22%下落した。

日本企業の企業利益が記録的に増加し、企業支配構造が改善し、日本企業の株式に対する魅力が高まりました。

日本取引所グループの山地弘美最高経営者(CEO)は、フィナンシャルタイムズが主催したオンラインブリーフィングで「日本企業が変化の兆しを見せながら投資家たちがさらに詳しく見ているようだ」と話した。

彼は、1990年代初頭に泡が消えたときに貯蓄されたお金を失ったトラウマの後、多くの高齢者が株式投資を消極的にしたが、若い投資家はそれほど警戒していないと指摘しました。

山地は「世代が変わっている」と話した。

1月から施行された非課税利益を提供する日本個人貯蓄口座プログラムの変更により、投資家は株式に対するより高い収益を得ることを望んでいました。 アナリストらは、そのお金の大部分が海外市場に流れたと言います。

それにもかかわらず、日本の家族が保有している貯蓄額が1兆5000億円(約7兆ドル)に過ぎないにも大きな影響を及ぼします。

また、世界最大の機関投資家のひとつである政府年金投資基金が株式投資を増やし、価格上昇に一助しています。

外国人投資家は、1年前に約140円に比べて約150円で取引されている米ドルに比べて円安を考慮し、低価格を模索するために飛び込みました。

東京証券取引所によると、1月に国際投資家は125兆2000億円に達する日本株を買い入れたが、これは前年同期の2倍だ。 米国の場合と同様に、最大の勝者の一部は技術会社でした。

まだ専門家は日本の株価が高評価されていないと評価している。

東京市場の株価収益率はS&P 500の23倍、インドSensexの24倍、上海の8倍に比べ約16倍です。 日経のウェブサイトによると、2023年の東京株式投資家は28%以上の収益を得ました。

一方、中国では全く異なる別のシナリオが展開されています。 中国では、2015年の崩壊から数兆ドルの価値を見据えた市場は完全に回復しませんでした。

香港と中国本土の市場は、中国とアメリカの間の緊張のために冷却され、企業はどこに投資するかをより慎重に考えなければなりません。

日経の新しい記録は、東京の一部の証券会社で拍手として歓迎されたが、1989年に蔓延したそのような歓声ではなかった。 当時の市場価値基準で世界10大企業のうち7社が日本企業でした。 今、それらのどれもありません。

日本企業の収益性向上の大部分は、収益の40%以上を占める海外から来ていると東京BoA証券の日本経済責任者である泉デバリエ(Izumi Devalier)はFTブリーフィングで語った。

「株式市場は経済ではない」と彼女は言った。

READ  日本の大学入学の英語試験の改革、経済的、地域的格差に萎縮
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours