日本日経225はアジア太平洋株式の下落に2%以上下落

Estimated read time 1 min read

シンガポール – アジア太平洋地域の株価は、一晩中の証券市場で大きな損失を示した後、木曜日の朝に落ちた。

日本の日経225指数は章序盤2.63%下落した一方、トピックス指数は2.31%下落した。 日本の4月の輸出は、前年同期比12.5%増加したと日本財務省のデータが木曜日明らかにした。 ロイターによると、これは13.8%増加すると予想した予想値を下回った。

韓国コスピは1.93%、オーストラリアS&P/ASX 200は0.78%下落した。

MSCIの日本を除くアジア太平洋株式の最も広範な指数は0.65%下落した。

オーストラリアの4月の雇用データは、今日の午前9時30分にHK / SINに発表される予定です。

CNBC Proの株式選択と投資動向:

ウォールストリートの主な指数は急落し、ダウジョーンズ産業平均指数は2021年3月以来最低限に締め切りました。 ダウ指数は1,164.52ポイント(3.57%)下落した31,490.07に締め切りました。

S&P 500指数は4.04%下落した4,923.68、技術主中心のナスダック指数は4.73%下落した11,418.15で章を締め切りました。

通貨

READ  Rishi Sunakが防衛協定発表のために日本に到着外交政策
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours