日本旭化成、米国に工場を設立しプラスミドDNA事業本格進出

1 min read

プロセス開発のため、2025年上半期サービス提供開始予定

総合サービスバイオ医薬品CDMOであるAsahi Kasei Medicalの米国子会社Bionova Scientificは、プラスミドDNAを活用したサービスを提供する新しいビジネスラインを立ち上げ、米国テキサスにこの目的のための専用施設を設立することにしました。

Asahi Kasei Medicalのバイオプロセス事業は、「Be a Trailblazer」というテーマに焦点を当てたAsahi Kaseiグループの中期経営計画に従って、次の段階の成長を主導する10代の成長ギア(GG10)の一つです。

旭化成メディカルはバイオ医薬品市場の拡大に合わせて、CRO(受託研究機関)事業とCDMO(受託開発・製造機関)事業に進出し、既存の事業拡大に加え、顧客基盤とブランドの強みを活用し、さらに成長機会を確保した。 Planovaウイルス除去フィルターなど。

バイオノヴァは、製薬会社にプロセス開発および製造サービスを提供するバイオ医薬品CDMOとして、製造が困難な複合次世代抗体ベースの医薬品のプロセス開発能力を認められている。

グローバルプラスミド製造市場は、細胞や遺伝子治療などの新しいフォームの急速な成長のため、今後数年間で2桁の割合で成長すると予想されています。 Bionovaは、製造プロセス開発の専門知識、GMP製造ノウハウ、柔軟なカスタマーサポート、そして目標とする新しい方法の産業ネットワークを活用して、これらの新しい方法の成長を加速するのに貢献することにしました。

プラスミドのプロセス開発とGMP製造のために、Bionovaは米国テキサス州ウッドランズに新しい施設を設立する予定です。 プロセス開発は2025年上半期、GMP製造は2026年上半期サービスの提供を開始する予定だ。

READ  Apple Watch Series 6実機レビュー血中酸素は15秒測定可能(シノ淳也)
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours