エンターテインメント

日本映画「デーモンスレイヤー」、ボックスオフィス400億円を突破

人気の「悪魔スレイヤー」の漫画シリーズをベースにしたブロックバスターアニメーション映画が興行収入400億円を突破した日本初の映画になって401億円を達成したと配給会社は語った。

「悪魔スレイヤー – Kimetsu No Yaiba – The Movie:Mugen Train “は、10月に公開さ72日目の12月26日、日本で最も高い収益を上げた映画で321億円を記録しオスカーを受賞したアニメーション制作者宮崎駿の「Spirited “を超えました。 Away」は、318億円を稼ぎました。

また、より広いアジア太平洋地域での興行記録を骨折した4月の2114万ドルを開封し、米国の興行記録を継続しており、これは米国興行で外国語映画で最大のデビュー作です。 映画の米国配給会社によると、歴史。

この映画の原作となるグローバルヒット漫画シリーズは、約100年前、日本を背景にした十代の少年が悪魔になった妹の治療法を幼年期の人間を食う悪魔と戦う話を含んでいます。 複数の言語に翻訳されました。

この映画は、列車に乗った乗客の命を救うための英雄カマロもエタンジで、彼の妹と仲間の悪魔虐殺者たちの努力を中心にします。 Toho Coと一緒に映画を配給するAniplex Inc.によると、これまでに全世界で517億円を稼いかけました。

映画ランキングによると、日本の映画館で公開された最初の10日間100億円以上を集めた「悪魔スレイヤー」は合計14週間の記録的な週末の観客を集めたまだ日曜日の基準上位10位以内に入った。 Kogyo Tsushinsha。

ソトジョッキー晴夫監督のこの映画は、2016年から2020年まで週刊少年ジャンプに掲載された静か日後藤カニの漫画シリーズを原作にします。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Spotify CEO、インタビューでApple Musicに挑戦しながら、収益性への道

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close