日本映画はカーンで注目すべき力を証明した。

1 min read

第77回カンヌ映画祭は日本が最高の作品を披露する機会でした。

5月25日にイベントが終わったとき、ほとんどの人は日本の映画がまだ無視できない強者のままであるという事実に疑いの余地はありませんでした。

今回の映画祭では、映画上映の他にも、映画人が交流できる場を設けています。

女優メグミは、日本映画を国際的に宣伝し、国内外の映画人を誘致するために日本ナイトパーティーを主催しました。

元東映株式会社のプロデューサーである木宗之氏が自身の新会社であるK2ピクチャーズ株式会社の記者会見を開き、ここには三池隆監督と西川美和監督も参加しました。

彼は、K2が日本映画産業の制作条件を改善するために国際基金を設立すると発表した。

監督であり、日本画家の篠宮義史のアニメ「新夜明け(A New Dawn)」の発表もありました。

今年のカーンでは、日本映画制作者、俳優、彼らの映画が重要な存在感を表わしました。

フェスティバル公式ポスターには日本の巨匠黒沢明の「8月のラプソディ」の一場面が盛り込まれた。

最後の日開かれた授賞式で昨年映画祭で男優主演賞を受賞したヤクショー告知は感想を通じて「映画は未来と過去を結ぶ。 他人の苦しみを感じる心を育ててくれます。」

審査委員として参加したゴレエダ広和監督はグランプリ受賞者の呼称を朗読し、「あ、震える」と呟いた。

同日、山中洋子監督が「ナミビアの砂漠」で国際映画評論家連盟から賞を受けたというニュースが伝えられた。

当時パリにいた山中は電車に乗って急いでカーンに戻った。

彼女は「私はまだ(映画を作るために)私の感覚に依存している」と映画制作技術を向上させるためにまだ努力していると付け加えた。

祭り監督週間プログラム事務局は <유령 고양이 안주>の公式上映会に180人の子供を招待しました。 日本とフランスが共同制作し、久野洋子と山下信弘が監督を務めるアニメ映画。 現場では熱い歓声が飛び出した。

同じ番組ではアニメ監督の山村浩二の「超短編」も上映された。

プログラムのメインビジュアルには、北野武監督が今回のイベントのために特別に描いたイラストが含まれています。

奥山宏監督の「私の日差し」は注目すべき視線部門公式上映会で大きな拍手を受けた。

READ  香港小学校が生徒に南京大虐殺を示す映画に対する怒り
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours