日本映画への欲求が高まるにつれて、パリ映画ファンは「トラサン」を受け入れます。

1 min read

去る3月、パリの映画愛好家たちが数十年間祖国から愛されてきた不運な旅行セールスマンに関する日本映画シリーズの最後の編のために日本文化の家に降りてきました。

280席のホールはいっぱいで、最後には熱狂的な拍手を送り、多くの観客たちは50本の映画を経て、いよいよ完結を迎えた「オトコとスライヨ」シリーズに対して残念を表しました。

とらさんシリーズ上映中、2024年2月パリ日本文化院に展示されたとらさん広告板(R)。 (刑務所)

全体的に日本で最も人気のある映画フランチャイズの一つであるこの映画の上映は、2年以上の期間にわたって10,000人以上の映画観覧客を文化研究所に引き寄せました。 これは、日本映画に対するフランスの関心が長い間芸術映画に限定されていたという最も明白な証拠の一部です。 classicsは現在、より多くの主流のリリースに拡張されています。

英語で「男になるのは大変だ」というタイトルのこのシリーズは、1969年から1995年まで日本で48回にわたって放映され、各エピソードが終わるたびにいつも気になる虎さん役を演じた敦美清が主演を引き受けました。 戦後昭和時代の1950年代と1960年代の単純な時代の東京の古い「下町」の都心と家族生活の精神を呼び起こすこのシリーズは日本で象徴的な地位を持っています。

3話と4話を除くすべての映画は山田洋司監督が引き受けた。 1997年と2019年にそれぞれ2つのエディションがさらに発売され、後者は1996年に死亡した熱海がシリーズから虎上へ以前の公演の映像を使ってフラッシュバックに登場しました。

とらさんシリーズの最後の作品が上映されたパリ日本文化院メインホールの様子。 2024年3月。 (刑務所)

2021年11月に始まったパリでの上映は、当初は範囲がさらに制限され、約1年間続く予定でした。 しかし、観客たちが優しく自由奔放な主人公のトラサンに惚れながらシリーズが延長され、日本以外の地域でシリーズ全体が上映されたのは初めてとなりました。

Fabrice Arduiniは、2024年4月にパリのMaison de la Culture du Japonでインタビュー中に演説しています。 (京都)

長い間、メゾンの後にカルチャーで映画部長を務めてきたファブリス・アルドゥーニ(Fabrice Arduini)は、「フランスの人々はトラの「家族を大切にする」価値観を保守的であまり共感しないと認識している。彼の姿、よく会いましょう。」

Arduiniは以前、「Tora-san」映画を上映したかったのですが、最初は日本の映画を探しているファンの抵抗にぶつかり、より芸術的な映画を見ることができました。

しかし圧倒的に肯定的な反応を通じて「観客の人口統計と好みが変わっている。多くの人々が「トラサン」を見て日本に行きたいと言った」という事実を確認させてくれた。 アルドゥイーニは「Free and Easy」(栗原日志)を披露することを希望すると付け加えた。 )は栗山トミオ監督のコメディシリーズの成功であり、他の人気映画タイトルの一つです。

一方、パリの映画文化団体シネマテック・フランセーズは、1830年代と1940年代に日本にも江戸時代の旅行に通う視覚障害者のマッサージ師であり、剣士である「佐藤一シリーズ」で有名なミスミ・ケンジ監督の特別番組を披露した。 ミスミの作品は、フランスの日刊ル・モンドやその他のメディアで広く扱われています。

日本映画は一般映画館でも好評を得ている。 昨年ヴェネツィア国際映画祭の恩師賞を受賞した浜口龍介監督の「悪は存在しない」、三宅ショー監督の「小さくて遅いが着実な」、石川圭監督の「男」など新しい広告が相次いで公開された。 フランスの観客に好評を受けた日本監督の作品だ。

2024年3月、パリ日本文化院に虎像シリーズポスターが展示されている。 (刑務所)

パリに住む映画ジャーナリストの田中優子氏は、「以前は日本の映画を多く配給していた会社が、以前は映画光(映画光)のための芸術映画を扱ったが、最近は商業映画の人気を知っているため、商業映画をより多く配給している」と指摘した。 日本の愛好家と一般の観客の間で。」

最近では、二宮和成主演の実際の写真作家浅田正史を原作とした伝記ドラマ「浅田」のような映画や多数の日本映画が商業的な成功を収めたと彼女は付け加えた。

ソルボンヌーベル大学で日本映画を教えるフランス監督兼作家、パスカル・アレックス・バンサン(Pascal-Alex Vincent)が最近出版した日本映画監督のオズ・ヤスジロ(Ozu Yasujiro)に対する本が好調を見せ、彼の講義に出席する学生が急増した。 。

2024年2月、パリのある映画館に日本映画「男」の広告板が展示されている。

彼は「日本映画の人気が目立つ」とし「漫画、食べ物など日本文化がフランス社会に浸透したのも魅力」と付け加えた。

ヴィンセントは「フランス人は米国映画を見るのと同じ方法で日本映画を見る習慣ができた」とし「これは日本映画のレベルが高いという証拠」と話した。


関連プレス:

特徴:映画は神話の動物の目を通して日本の田舎の変化する顔を示しています。

特徴:東京浅草で想像力を広げる「嘘旅」

路線区間が閉鎖されると、映画に登場した北海道駅にファンが集まります。


READ  59歳の「永遠のアイドル」松田聖子、一日もされたのハメ撮りでファンを驚かせている
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours