エンターテインメント

日本映画One Cut Of The Deadのフランスのリメイク撮影開始、エンターテイメントニュース、主要ニュース

パリ•オスカーを受賞したフランスの監督Michel Hazanaviciusが日本カルトゾンビ映画One Cut Of The Dead(2017)をリメイクし始めました。

Final Cutというフランス語の再起動がパリ郊外で撮影されており、Hazanaviciusの妻でもあるオスカー候補女優Romain DurisとBerenice Bejoが出演します。 彼らの娘Simoneもキャストに含まれており、家族関係になります。

Durisはやる気がないクルーたちと一緒にB級ゾンビ映画を作る監督を延期します。 アンデッドの到着に銃撃が中断されると、運動は災害に向かうようです。 しかし、すべてのものが見られるとは異なります。

US $ 25,000(S $ 33,000)の予算で製作されたShinichiro Uedaの原作の日本映画は世界中で3000万ドル以上を稼いでカルト愛好家になりました。

「原作映画の華麗なコンセプト、夢のキャスト、軽量意欲があふれたクルーたちは、このすべてが映画の撮影については、この映画を制作することになったことを嬉しく思います。」とThe Best DirectorとBest Pictureを受賞したHazanaviciusは言いました。 アーティスト(2011)は、2012年。 白黒で撮影された無声映画で主演Jean Dujardinの男優主演を含む5つの賞を受賞しました。 また、Bejoを主演した。

Hazanaviciusはまた彼の人気のあるOSS 117映画で有名です。この映画は、フランス語でされており、スパイジャンルを偽装します。 彼はオスカー賞受賞後のハリウッド映画を作らなかった。

READ  Johnny DeppのGrace From GraceがMGMを日本水銀中毒ドラマ「Minamata」と「店頭」するように誘導しましたか? Read Letter Director Andrew LevitasがStudioに送った手紙

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close