日本時計メーカー、スマートウォッチに合わせて時計を元に戻す

Estimated read time 1 min read

日本の主要時計メーカーがスマートウォッチの人気が高まっている中でも、ますます収益性の良い市場を発見したため、古い腕時計の時間は少し残っていません。

彼らは、過去数年間で数千万円(数十万ドル)に及ぶ高価な高級時計の世界的な憧れを利用してきました。

Citizen Watch Co.は6月13日、高級The Citizenラインの新しいモデルをリリースしました。 機械式バージョンは880,000円($6,115)ですが、200個限定モデルは104.5万円です。

安定した需要と市場の成長を期待して、Citizenは機械式時計に資源を投入する計画を発表しました。 シチズンは日本で主に販売されているが、来年からは本格的に海外販売に出る。

市民広報関係者は「市場が広範囲に成長している」と話した。 「だから私たちが注目する価値があります」

Citizenは、他の高級ラインも発売するために積極的に取り組んでいます。

これらの製品の中には、「宇宙を描いたように」リアルタイムでダイヤルパネルに星座を表示するCampanolaモデルだけでなく、ムーブメントの厚さが1mmに過ぎない超薄型Eco-Drive Oneラインもあります。 。

動きの後には会社が50,000円から200,000円に至る価格の時計ピッチングに困難があります。

コロナ19の流行期間中にスマートウォッチの存在感が増加し、消費者支出が減少したため、いわゆる「一般的に価格設定された」製品は販売不振を経験しました。

顧客の平均支出とブランド価値を向上させるために、Citizenはより高価なモデルを導入しました。

2022年度の財務結果によると、これらの先進モデルの国内販売は前年比20%以上増加しました。

シチズンの王子吉高専務理事は、高級時計市場の状況を分析し、「私たちの技術がどれだけ先進的かを強調するだけでは消費者に共感できない」と話した。

オジは「高品質の製品だけがよく売れない」と話した。

Ojiは、各製品の概念と背景の物語を顧客と共有することが不可欠であると述べました。

「興味深い機能を含む感情的な価値は、他の情報と一緒に伝えなければなりません」とOjiは言いました。

Seiko Watch Corp.は過去4年間、高級グランドセイコーラインから毎年2000万円から3000万円に及ぶ新モデルを発売しました。

20万円~30万円程度のモデルもありますが、白樺の森を思わせるデザインが特に人気のある製品は100万円を超える高価な製品があります。

昨年10月に発売されたKodo機械モデルは、開発に10年かかり、同期したムーブメントで複数のコンポーネント層を見ることができる透明なダイヤルが特徴です。

税金を含めて4,400万円で世界的に発売された20製品は、日本の内外の時計愛好家たちに瞬時に捕らえられました。

Seikoは2017年から高級時計への移行を開始しました。 セイコーはソーシャルメディアで人気が急上昇し、特に北米の若者の間で「私たちが発掘したブランド」として大きな波長を引き起こしました。

高級時計専門電子商取引サイトクロノ24(Chrono24)によると、セイコーは全世界のオンライン検索量と購買要求基準の人気ランキングで2019年7位から2020年4位、2021年3位に上昇した。

2022年にはスイスのロレックスとオメガに続き3位に上がった。

高級モデルは日本でも徐々に流行していると伝えられた。 過去には主に会社員の退職先物用に購入した名品だ。

セイコーは昨春からグランドセイコーの販売コーナーを輝く木製の装飾で飾るなど、買い物客が直営店をより簡単に訪れるように努力しています。

セイコーの広報担当者は、「私たちはより多くの顧客に店舗をより魅力的にするだろう」と述べた。

日本時計協会の推算によると、2022年の全世界の腕時計生産量は前年比13.7%増加した10億9000万個と集計された。

日本メーカーは2022年に5,220万個の時計を出荷し、これは1年前とほぼ同じ数値です。 しかし、出荷金額は12%増加した2,558億円を記録した。

プロの時計誌Gressiveの編集長であるMasaharu Nabataは、なぜ高価な時計が魅力になったのかを説明しました。

ナバタは、「裕福な人々はコロナウイルス危機で海外旅行が困難であることを知り、未使用のお金を使う代替案を見つけました。 「日本と海外のメーカーで生産した腕時計はスペースを節約できるほど小さいので、他の製品の中でも特に熱烈な支持を受けました。」

Nabataは市場の将来の見通しを提供した。

「日本企業の製品は優れた品質で高い評価を受けています」と彼は言いました。 「デザインと機能の両方で日本独自のものをさらに発展させることができるかどうかが成功の鍵です」

READ  富士通、日本でハードウェア事業専門会社を設立:富士通グローバル
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours