トップニュース

日本最大の移動通信事業者、Web3コンソーシアム設立

年間売上が400億ドルを超える日本最大の移動通信事業者であるNTT Docomoは、日本でWeb3の実装を加速するために、マルチチェーンスマート契約プラットフォームであるAstar Networkと提携しました。 共同の取り組みは、個人と企業がガバナンスのためにトークンを使用する能力を提供するコンソーシアムの形をとります。

11月9日の報道資料によると、アスタネットワークとNTTドコモも具体的に3つの基本について協力することに合意した。 彼らはWeb3の環境問題のケーススタディを研究し、持続可能な開発を追求し、人々を教育してWeb3の採用を拡大する過程で技術的なギャップを取り除こうとし、エンジニアとビジネスリーダーが学び、実用的な経験を得ることができます機会を提供します。

Astar Network CEO Sota Watanabeは、このプロジェクトの使命は、Web3を技術に精通した狭い範囲で一般大衆に提供することだと述べました。

「この文脈では、誰もがアクセスできるインフラストラクチャで優れたユーザーエクスペリエンスを提供するより強力なケースが不可欠です。 エンジニアだけでなく、より多くの人々がWeb3の恩恵を受けることができる社会を作ることです。

最近Docomos株の約3分の1を占める日本はWeb3、暗号通貨、 分散金融(DeFi)。 11月2日日本デジタルエージェンシーは 研究分散型自律組織 Web3を勉強します。 10月下旬日本第2の港都市福岡 Aster Labsと提携 Web3テクノロジの新しいユースケースを開発します。

関連: 日本都市が増える欠席を退治するのに役立つメタバス学校

韓国はまだ 厳格なパスワード規定その首相は政府の 大規模投資計画 Web3とメタバスイニシアチブで。 Japan Virtual and Crypto Asset Exchange Associationも 簡単にすることを約束 承認された取引所が審査手続きを軽減し、デジタル通貨を上場できるようにします。