技術

日本最大ケーブル事業者J:COM、10G広帯域に電力を供給するためにCommScope選択

CommScope 月曜日に発表した 木星通信 日本最高のケーブルブロードバンドおよびマルチチャンネルビデオプロバイダである(J:COM)が XE4202 10G-EPONのリモートOLT 日本の競争が激しい関西の住宅とビジネスのブロードバンド顧客に10Gbpsの広帯域を提供するファイバーノードモジュール。

このコラボレーションを通じてJ:COMが日本で10Gbpsの広帯域サービスを拡張するためのモデルとして使用する関西地域でRemote OLTと10G EPONを大規模な商用展開することができます。

Remote OLTと10G EPONを展開するJ:COMが既存のHFC(Hybrid Fiber Coaxial)ネットワークと光ファイバノードを利用して、CommScopeを使用して、画期的な10Gbps対称速度を可能にする10G EPONを提供することができます。 NC4000光ノードCH3000ヘッドエンド光学プラットフォーム

CommScopeのヘッドエンド、ノード、および光学ソリューションのユニークな組み合わせは、J:COMのHFCとFTTH(Fibre-to-the-Home)ネットワークをさらに強化することができる道を開いてくれます。 光ケーブルディープアップグレードと10G EPONをサポートする機能を使用してJ:COMは、広帯域スペクトルの拡張、仮想化、および分散アクセスアーキテクチャをすぐに活用し、資本コストと運用コストを削減することができます。 リモートOLTシステムはまた、データセンターに位置することができる集中型ネットワーク管理を使用できるようにします。

Morgan Kurk、EVP、CTO兼部門のリーダー、ブロードバンドネットワーク、CommScope
J:COMの「未来のネットワーク」は、エンドユーザーに、より多くのネットワーク容量と安定性を提供してFTTHへの移行を促進するポートフォリオの多様性を示しています。 私たちは一緒に日本全国​​の何百万人の消費者に最も速い速度と最も先進的なブロードバンドサービスを提供しています。

斎藤重ナリ(Shigenari Saito)、J:COMの技術部門の統括責任者兼GM
J:COMは、ビデオの消費に起因する高速、大容量通信の需要の増加を満たすために関西に「J:COM NET Hikari 10Gコース/ひかり5Gコース/ひかり1Gコース」の高速データサービスを提供しています。 家庭用機器でIoTの成長。

READ  Xbox Series Xの華やかなオートHDR機能は、PCに提供しています

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close