スポーツ

日本最大パラリンピックチーム結成、成功準備

日本最大規模のパラリンピック代表団が火曜日に東京で開催されるオリンピック開幕をわずか一週間後に控えた状態で発足し、選手たちと関係者たちは、最高の試合を開くために準備しています。

代表団の主張である車いすテニス選手クニ加え申告はコロナウイルス感染症が原因でオンラインで記録的な255人の選手が参加したイベントで「勇気と決断力で試合に最善を尽くし」を誓いました。

車いすテニス選手国枝申告(C)が2021年8月17日に東京で開かれた日本パラリンピック代表団の発足式で演説している。 (教徒)

464人で構成されたチームは、東京パラリンピックで記録的な20個の金メダルを目標にしており、最近閉幕したスポーツイベントでの記録的な27個の金メダルを獲得した日本のオリンピック選手が作った成功と興奮を継続することを希望してています。

パラリンピック男子シングルス2回チャンピオンの国枝(Kunieda)は「東京オリンピックで日本選手が全力を尽くして挑戦して最善を尽くす姿を見ることができた私は震える時も多かった」と話した。

彼は「障害かどう日本の多くの子供たちが障害者のスポーツを観戦しながら、人類の無限の可能性を感じることができることを願う」と述べた。

パラリンピックは1年延期の末8月24日に開幕するが、東京と他の国のコロナ19事例が急激に増加するにつれて、一部の学生を除くすべての競技場で観衆がありません。

10代から60代までの日本選手たちはパラリンピックにデビューするバドミントンとテコンドーを含めて9月5日の大会が終了するまでの合計22種目に出場する。

東京ホテルで開かれたイベントでは、カワイ純一シェフをはじめとする限られた数の選手と関係者がウイルスの予防のために、互いに離れて座りました。

日本の2期ライダーの男子卓球岩渕高陽と女性トライアスロンの谷マミー代表短期を受けた。

視覚障害を持つ前の水泳選手だったKawaiはパラリンピックに参加した選手たちが伝染病により困難を経験しながらハードなトレーニングをしたました。

「今、あなたはすべてのあなたの可能性を示すことができる舞台が準備されています」と彼は言いました。

2021年8月17日に撮影された写真は、8月24日、オリンピックの開会式を控えて同日、正式にオープンしたことも晴海海岸の東京パラリンピック選手村を示しています。 (教徒)==教徒

菅義偉(菅義偉)首相は映像メッセージを通じて「すべての選手が限界に挑戦して壁を越えて世界の人々を感動させ、奨励する」と応援した。

5年前にリオデジャネイロパラリンピックで日本は銀メダル10個、銅メダル14個の金メダル1個ず完走しました。 韓国は1988年のソウルオリンピックと2004年のアテネ五輪で17個の金メダルを首にかけた。

東京パラリンピックには全世界で約4,400人の選手が参加します。

日本の首都は、7月12日からCOVID-19非常事態を宣言しました。 しかし、7月23日オリンピックが始まる前よりほぼ3倍近く感染者が急増しました。

国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee)と日本の三組織の組織は、月曜日の夜、すべての競技場で観客を禁止することに前例のない決定を下しました。

例外的に政府支援教育プログラムに参加している地域の学校の生徒は、大会を直接観覧することができます。

READ  日本、WC22予選早期進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close