経済

日本最大労組、初の女性リーダーとしての勢いを期待

東京 – Rengoとして知られている日本の労働組合連盟はしばらくの間、政治的影響力を回復することを願っています。 国内最大の労働組合は、最大野党である立憲民主党と別の野党の国民民主党を支持しているが、支持率が低く、近いうち執権するのは難しい見通しだ。

6年間の組織を率いゴーズリッキーオ前Rengo会長は野党を一つ囲むうとした成功しなかった。 水曜日に吉野智子(Yoshino Tomoko)が後に続いて、1989年に設立されたRengoの初の女性指導者がいます。 彼女は10月31日に予定さ総選挙を控え、自分のリーダーシップを示すべきでしょう。

吉野は10月6日に東京で開かれた連合(Rengo)定期総会で公式社長に就任し、「労組活動はコロナ19ファンデミク(世界大流行)の中で岐路に立った。労働運動を進めるために、組合員の声をて聞く」と述べた。

Rengoは1989年に公共部門と民間部門の労働組合の連合で創設されました。 様々な労働組合を統合して、認知度を高め、4年後Rengoは1955年の設立以来、自民党を含まない最初の政府発足を助けた。

戦後の日本では、2つの主要国の労働組織がありました。 一つは、日本の労総合計協議会(ソヒョ)であった。 左派評議会は、1950年に設立され、社会党を支持した。 他の一つは、右翼、反共主義の日本の労働総連盟(Domei)であった。 1964年に結成され、民主社会党を支持した。

ソヒョは製鉄およびその他の産業分野の民間部門の労組があったが、ほとんどは全日本都道府県労働組合(疲れで)と日教組などの公共部門のグループで構成されました。 当時最大野党だった社会党を選挙で支持し、日米安保条約反対運動などの市民運動の中心的な役割をした。

一方、Domeiのメンバーのほとんどは、自動車、電気、繊維、その他の産業の民間部門の労組であり、経営陣と協力する方針を採用しました。 社会党出身の少ない進歩的な脱北者が結成した民主社会党と「左派全体主義に対抗する」を目標にした。

Rengoの初代社長であるAkira Yamagishiは二全国労組を統合するために極めて重要な役割を果たしていました。 Nippon Telegraph and Telephone Public Corp.の全組合員は、後で、労働運動が衰退しているので、デッドロックを破るために合併が早く行われると言いました。

1989年には、ソヒョともメイ関連のナショナルセンターが合流してRengoを作りました。 しかし、日本共産党を支持する労働組合は、その結成を「右翼的労働組合再編」と批判して、同年、全国労総(ジェンローレン)を結成した。 一部の野党を支持する連合がまだJCPと対立する理由だ。

日本最大の全国労働組合を中心の組織力でYamagishiは反対間の協力で重要な役割をするようになりました。 彼は1993年の総選挙で自民党を離党した影響力のある小沢一郎議員と協力して、自民党やJCPが含まれていない細川護煕首相政府発足を助けた。

それ以来Etsuya Washio(Nippon Steel Corp.)とKiyoshi Sasamori(Tokyo Electric Power Co.)を含むRengo社長は、民間部門で選出された。 彼らは政治に影響力を行使しました。 2009年の民主党が執権する前高木剛当時大統領は、2006年に党首になった小沢と一緒に連合の地域組織を見学した。

しかし、民主党は、2012年の総選挙で敗北した後、自民党と連立パートナーであるとメイトが執権を維持している。 民主党は解散し、野党は束うとしない。 これRengo内のさまざまな意見に反映されました。 Jichiroと日教組は戦争放棄の憲法9条のしっかりとした支持者です。 一方、民間部門であるUA Zensenは改憲論議について肯定的である。 原発終息と関連して公益事業を組合員とする民間労組と公共部門の労働組合は、異なる意志を見せている。

労働組合を団結させ、政治的影響力を取り戻すために選ばれた吉野はミシンメーカージューキの組み合わせ出身だ。 彼女は主に中小メーカーで構成された、日本の金属の機械製造労働者協会(JAM)の副会長を務めた。 育児休職と​​育児休職をより簡単に利用できるようにして、女性に優しい職場環境を作るために努力してきました。 彼女の任命は、意味がありRengoが両性平等に専念していることを示しています。 しかし、彼女は、政治の世界での経験がほとんどありません。

吉野は10月7日、記者らに連合野党が支持する立憲民主党と国民民主党が「一つの大きな実体になること」を促すこととした。 しかし、彼女は、これまでCDP枝野幸男(Edano Yukio)代表に会ったことがないと述べた。 彼は「政党と労働組合は、全く別の組織であり、連合は、政党の仕事に介入することはできない」と付け加えた。

日本の賃金は、過去20年の間、米国およびその他の国だけの印象はなかった。 これは部分的には、賃上げよりも雇用維持を優先する伝統のため、労組が賃上げのささやかな要求をしたのです。 一方、自民党の岸田文雄首相は富の分配に重点を置いた経済政策を実施する計画を発表した。 現レイと時代のための「輸入2倍計画」も公開した。

「党員一人ひとりが政治に関心を持って自分のことのように考えるように説得しなければならない」と述べた。 吉野は組合員の間で、政治への関心が低下することを懸念している。 新政府が労働者に、より多くの関心を寄せていることを見せようにつれ初の女性指導者が誕生したRengoの存在理由が危うくなりました。

READ  日本の大企業のほぼ30%が緑の投資を増やす計画です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close