経済

日本最高のであれば、チェーンIppudoがビーガンに切り替え

TOKYO-Ippudoは食事の経験を再定義しました。 tonkotsu ラーメン。 レストランチェーンが、1985年に設立されたとき、それは崇高な乳白色の豚骨スープである、豊かで風味のとんこつスープのレシピを完成しました。

チェーン店の木をテーマにしたインテリアは温かくリラックスした雰囲気を醸し出しています。 バックグラウンドで演奏されるジャズは洗練された雰囲気を追加します。 ラーメンは洗練された有田焼の器に提供されます。 このアイデアは、とんこつラーメンのイメージを臭い精製されていない料理になくすことです。 この戦略は、素晴らしい成果を収め、多くの女性を埋めにドラッグ応じました。

今Ippudoは、別のであれば、革命を計画しています。 豚肉や他の動物製品が入っていない豚骨料理を開発した。

挑戦的なプロジェクトは、福岡に拠点を置くチェーンを運営する会社であるチカらモットーのセールスマネージャーである秀信トミー田川一部の顧客が宗教的またはその他の食事制限により、食べることができるならば、料理を見つけることができないという店長の嘆きを聞いて開始れました。

最近では、日本を越えて多くの国であれば、この流行しています。 この国は、COVID伝染病がドク打つ前に観光ブームを経験していたが、多くのIppudoの顧客はチェーンがとんこつを専門にするための製品を楽しむことができませんでした。

Hidenobu Tomita led Ippudo「s effort to create plant-based “tonkotsu」ramen。

豚肉を食べていない人に近付くためチェーンはベジタリアンレシピを作り始めました。 プロジェクトチームは、ビーガンの需要が急増している日本市場調査にゴムました。 また、チェーンの一部海外レストランではすでに野菜スープになら料理を提供しています。 チームはシーフード使用を検討したが、植物性料金に支持してアイデアを放棄しました。

当然Ippudoの有名な豚骨スープのような味が、私は植物のスープを作るのが最も難しい部分でした。 Tomitaは日本フードプロセッサであるFuji Oilの助けを求めました。 試行錯誤を経て、キノコの香り私は豆乳をベースにしたスープを作って 昆布 豊かと味のための海藻。 Ippudoは植物性のスープは、おそらく実際のとんこつに最も近い近似値と言います。

次の課題は、 chashu – 一般的に、とんこつラーメンの上に煮込んだ豚バラ肉の部分。 これはインゲン豆のペーストで、最初から作成します。 ビーガン麺は卵なしで作成されます。 3年間の闘争の末Ippudoのベジタリアンラーメンは、最終的に提供する準備が整いました。

2月に日本の45個イトプもレストランは限られた数の植物ベースであれば、料理を提供し始めました。 彼らは即座にヒット作でした。

「夫がイトプ度を頻繁に訪問する時に子供たちと私はビーガンをし前に来ていない。 家族全員がイトプもで食事をしたのは今回が初めてです。」と満足したした顧客が言いました。

宮崎千尋(Chihiro Miyazaki)が植物面を専門とするラーメンレストランチェーンであるソラノイで(Soranoiro)を発表しました。

チェーンによれば、植物ベースのラーメンは、健康と環境を考えているお客様にアピールします。 Tomitaは「私たちの使命は、最高のラーメンを食べるの経験を提供するので、幸せな顧客の意見を聞いて非常に嬉しかったです。」と言いました。 チェーンは、東京の中心部にあるなレストランを植物面の専門店に転換することを考慮しています。 また、新しい種類のビーガンラーメンを作っています。

Ippudoは、他のであれば、レストランが自主的にビーガンを提供するように助ける計画もあります。 「植物ベースであれば、業界全体の持続可能性を向上させるために、重要な役割を果たしています。」とTomitaは言いました。

TPCマーケティングリサーチの健康と食品部門の研究を監督する水上肇は「私たちの推定によると、植物性食品の日本市場は、今後年平均27%成長する」と言いました。

昨年5月に発表されたこの数字は、スーパーマーケットやその他のお店で植物性食品の販売見通しに基づいて小売業界に指針を提供するためのものです。 しかし、大阪に本社を置く市場調査の専門家によると、レストラン業界でも同じ傾向が見られます。 水上氏は、「植物性であれば、健康と美容に敏感な消費者はもちろん、宗教的、式であり、法的な理由であれば、を避け、人々の心と心をひきつける可能性がある」と述べた。

SoranoiroのシグネチャVeggie Sobaラーメンは東京駅のレストランで最も人気があります。

植物性食品は、全世界的に流行しています。 地球の健康への懸念が高まるのは、強力な温室効果ガスである膨大な量のメタンを放出する畜産業に悪いニュースです。 より多くの人々がベジタリアンとビーガンを選択して、環境、健康、またはその他の理由で、動物性脂肪を避けています。 日本でベジタリアンとビーガン食品の需要は、他の裕福な国のように強力ではないが、「健康で低カロリー、抵当類の食事への関心が高まり、企業が市場に押し寄せている」とMizukamiは言いました。

より小さいならチェーンであるSoranoiroは健康に敏感な消費者にベジタリアンとビーガンなら料理を提供することでしっかりとした信者を開発した。

2011年に設立されたSoranoiroは東京で、4つのレストランを運営しています。 野菜そばは完全に野菜で作られています。 それはニンジンの繊細な甘さが加味されたクリーミーなスープがあります。 パプリカを生地に入れて厚く弾力性のある手作り面はオレンジ色です。 トマトとサツマイモのような多彩な味いっぱいのアクセントにラーメン料理を飾る。

Ippudoのラーメンを作成するために、ほぼ10年を過ごしたSoranoiroの創設者であるChihiro Miyazakiは、業界を変身させようと、別のラーメンの先駆者です。

伝染病が日本を襲った者宮崎は、東京にあるソラノイでのフラッグシップ店の隣にベーカリーをオープンしました。 人気メニューの一つは、 yakisoba パン – コッペパンに満たされた塩味の焼きそば。 パンにおいしい伴奏になるだけでなく、無駄を減らすのに役立ちます。

MugenのShiifudoレストランはサバ汁にラーメンを提供しています。

メニューのすべての項目は、持続可能性へのコミットメントを反映しますが、宮崎は十字軍がありません。 彼は「生ゴミを削減しながら、お客様に様々な選択肢を提供しようとするのは当然です。 私は特にSDGsに専念しようと努力したことがありません。」と国連の持続可能な開発目標に言及しました。 持続可能性は、彼のビジネス戦略の基礎となる仮定にすぎ宮崎は付け加えました。

5月に東京神田地区にオープンした新しいラーメンレストランは生ゴミを競争上の優位性に転換するというコンセプトで建てられた。 「シーフード」という言葉を演じたレストランShiifudoはサバ、サケ、イカのような海産物で作ったスープを使ったメニューを提供しています。 スープを作るために使用されているほとんどの魚は問屋からのサイズやその他の理由販売に適していないとみなされない場合は無駄になります。

このお店の東京に拠点を置く運営会社であるMugenも和風パブや寿司レストランで魚を使用します。 会社の社長であるMasahiro Uchiyamaは様々な種類のレストランを運営すると、すべての種類の生ごみを減らすのに役立つことができると言いました。 この戦略は、海洋資源の無駄を減らすだけでなく、Mugenが水産物問屋との絆を強化するのに役立つとUchiyamaは言いました。

このレストランチェーンは、人々と地球の健康に寄与することが、収益にもどのよう良いかを強調します。

READ  RCEP以降、米中の競争

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close