トップニュース

日本最高の外交官、中米・キューバの歴訪を開始

東京 – 茂木町ミス日本の外相は、木曜日、米国ワシントン裏庭で、中国の影響力に対応することを支援するために、中米とカリブ海の4カ国を訪問するために出国した。

モテ期は、グアテマラに到着した後、パナマ、キューバを訪問し、ジャマイカの旅行を終える予定だ。 グァテマラの間、彼は金曜日現地時間で8人で構成された中米統合システム(Central American Integration System)の同僚と仮想会議に参加しています。 火曜日現地時間で、彼はカリブ共同体外相会議に出席します。

この旅行は、中国がインフラと貿易を拡大し、最近ではワクチン外交を通じて進出することにより、より緊急になった、日本の外交的支援を地域で地理的に離れているにもかかわら続きます。

モテ期は、日本が提唱している「自由開かれたインドの – 太平洋」の概念を説明して法治主義に立脚した国際秩序の維持に協力を要請する計画だ。 彼はまた、高品質のインフラ構築と人材育成のための日本のサポートを提供します。

在外交官は、ハリケーンや火山が頻繁に発生する、世界のいくつかの日本の災害緩和ノウハウを共有し、コロナウイルスワクチンを運ぶための輸送ネットワークの拡大のサポートを発表する予定です。

安倍晋三は、2014年現職首相初のトリニダードトバゴを訪問し、翌年にも同様の方法で、ジャマイカを訪問した。

ラテンアメリカは長い間、米国の安全保障の礎石であり、第二次世界大戦後の数十年の間に、反米政権を鎮圧するほど、外部の影響を容認していない地域でした。 それは、1950年代後半のキューバの革命への対応として、キューバの禁輸措置を課すし、このポリシーは、今日まで、何らかの形で維持されています。

茂木町ミス外相は、中国が影響力を拡大している地域に対する日本の活動を継続していきます。 (写真:加藤雅也)

ドナルド・トランプ前大統領時代、米国は不法移民などの理由でハバナと友好的な関係を維持した。 中国はこの開口部を捕捉するために移動し、ワシントンの距離利点に対応するためのインフラストラクチャに莫大な費用を費やしている。

中南米諸国は、中国政府が部分的に、台湾への圧力キャンペーンを強化するために、この地域に資金を注ぎ込ん注ぎによって近年、中国に向かって傾い始めました。

まだ台北と外交関係を維持している15カ国のうち9カ国は、ラテンアメリカとカリブ海地域にあります。 パナマは2017年に中国を支持して台湾との公式な関係を切り、2018年にはドミニカ共和国とエルサルバドルが続いでした。

このような変化は、先月カマラ・ハリス副社長の初の海外歴訪の目的地に、グアテマラを選択バイデン米大統領政権を心配させた。 日本は間接的に、ワシントンを支持するために域内諸国との信頼を構築しようとします。

これは、ワシントンに還元する方法で考えることができます。 日本は自国の安全保障を米国の軍事力に依存しており、米国の支援がなければ、台湾や尖閣諸島をめぐる紛争に対応することができない。

山岡加奈子日本貿易協会開発経済研究所の研究員は、「中米とカリブ海諸国がコロナ19に大きな経済的打撃を受けた」と述べた。 「中央アメリカには多くの貧困があります。 [countries] サポートを提供していた場合、中国側に傾けています。 今回の訪問 [by Motegi] その傾向に影響を与えることです。」

ワクチンは、地域の影響力のための綱引きの一部となった。

Our World in Dataによると、中国からの接種を受けたドミニカ共和国は、人口の48.6%に少なくとも一度注射を打たれました。 中国の別のサポートを受けているエルサルバドルの予防接種率は32.7%である。 まだ台湾と外交関係を結んでいる、グアテマラは4.9%に過ぎない。

READ  日本の2011年津波、そしてそして今 - 写真で| 日本の災害

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close