日本最高の女子3×3選手、マニラ・ハッスル開催への賛辞

Estimated read time 1 min read

あおいカツラはフィリピンの観客が好きな人の一人でした。

フィリピンマニラ – 世界ランク25位の3×3の選手であるAoi Katsuraは、フィリピンでの2回目のトーナメントを終えた後、先週末にManila Hustle 3×3シーズン2でZoos Tokyoを獲得し、良い言葉しか出せませんでした。

SM Mall of Asia Music Hallの激しい競争と爽やかな雰囲気を直接目撃した Katsuraは、自分が出会ったチームのレベルだけでなく、現場で現場を見守るファンにも賞賛を惜しまなかった。

トーナメントMVPにも選ばれた Katsuraは「とても感動しました」と話しました。

「国際チームとのこの種のトーナメント… [there’s also] ここに本当に素敵なファンがいる」と付け加えた。

2日間行われたケージフェストには7つの現地チームが参加し、日本、タイ、韓国、オーストラリア、シンガポール、インドチームも参加し、フィリピンのファンの歓呼が多かった。

Katsura自身も2点の地で鋭いシューティングでウワアアを引き出し、フィリピンの観客が一番好きな選手の一つでした。

しかし、日本のケージは、自分とチームをサポートするよりも、フィリピン人のゲームの知識に畏敬の念を感じました。

「私の考えには本当に [Filipinos] バスケットボールをよく知っていて、彼らの前でプレーするのは楽しいです。」 彼女は言った。

マニラでの最初の活動では、 KatsuraとZoos TokyoはManila Hustle 3×3の最初のシーズン時代に登場しませんでした。

しかし、今16チームに7カ国を代表するチームプールがさらに大きくなり、良くなりつつ、Katsuraはタイムリーに勝利することを楽しんでいます。

「マニラ・ハッスルは最も厳しいトーナメントの一つであるため、このような結果を得ることができて嬉しい」と彼女は語った。

最高の3×3ケージはまた、UratexとSmartが主催する次のトーナメントのためにマニラに戻りたいと言いました。

Katsuraは、Yuuna Onodera、Ama Degbeon、Asako Asabaがプレーしたトーナメントに参加し、タイトルを獲得している間に6試合で勝利しました。

Zoos Tokyoは去る日曜日の決勝戦でフィリピンのタイタンスを21-13に破り、優勝した。

READ  札幌市、日オリンピック委員会、札幌冬季オリンピック誘致推進中断 - 刑務所通信
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours