経済

日本最高の旅行会社JTB、ショック療法で、資本金は100万ドルで削減

日本の大流行の旅行代理店JTBが約23億円で1億円($ 949,000)で資本を削減すると日経は日本の業界のリーダーを租税目的のために、中小企業に転換させる大幅な動きを学んだ。

2月12日の株主は、3月31日から施行される資本の削減を承認した。 解除された資本は、現在の会計年度の大きな純損失予測を吸収するのに役立ちますです。

ツアーパッケージの未上場売り手は旅行やレストランでの食事の需要の崩壊に対応して縮小された最新の日本の会社がしました。

JTBは、4〜9飛び級グループ純損失781億円を記録し、利益剰余金は、6ヶ月間、約半分の減799億円を記録した。

旅行部門が引き続き困難を経験しながらJTBは3月末年間約1,000億円の税引き前損失を記録すると予想しています。

企業は損失を繰り越して将来の利益を相殺して税金の支払いを減らすことができます。 日本は、中小企業がこのような方法で、将来の利益をより多く相殺することができるように、これはJTBが復帰できるようになると、大きなメリットになることがあります。

中小企業は、大企業が損失を被ったときに、イベントを支払わなければなら現地規模の事業税も免除されます。

コロナウイルスに打撃を受けたいくつかの企業は、税負担を軽減するために同じような作戦をとりました。 レストラン運営者であるKappa CreateとChimneyは資本金を1億円に削減したと発表しました。 格安航空会社であるSkymark Airlinesは現在90億円で資本を減らす予定です。

旅行業界の見通しはコロナウイルスの時代までに1年以上継続暗鬱ます。 日本の観光庁によると、JTBの旅行取引量は5月51億円で、前年比96%減少した。 国内観光を促進するために設計されたGo To Travel補助金のおかげで回復が制限されたにもかかわらず、国内旅行取引量はCOVID-19の事例が復活し、12月に比べて41%減少しました。

競争も同様です。 海外旅行にもっと集中するHISは、12月の取引量が87%減少した一方KNT-CT Holdingsは56%減少した。 日本が大きな被害を受けた地域に非常事態を宣言した後、1月以降の旅行本ははるかに急減したものと推定される。

緊急事態が3月に終了する予定だが、観光の即時回復を期待している人はほとんどいません。 特に海外旅行は「少なくとも来年まで帰ってこない」と業界関係者は語った。 JTBは、海外旅行での売上高の約30%を稼いでいます。

JTBは、有償の削減のほか、11月に国内支店を25%、グループ全体の従業員を6500人削減する計画を発表した。

READ  どこ変わった! ? ホンダN-BOXがマイチェン! 日本一売れている軽の変化を写真でサクサクチェック! (MOTA) - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close