経済

日本最高の石炭発電会社は、新しい発電所の計画廃棄

日本最高の石炭発電メーカーであるJ-Powerが規制圧力が高まる中、化石燃料への依存度を下げるために努力しながら、山口県に発電所の建設をキャンセルヘトダゴイ会社は金曜日発表した。

J-PowerのHitoshi Kanno理事は「私たちは、プロジェクトの収益性を考慮して建設に反対することを決めました。」と言いました。 「私たちは、できるだけ少ないコストで二酸化炭素の排出を減らすために、既存の施設を活用しています。」

J-Powerは、日本の化学会社であるUbe IndustriesとOsaka Gasと宇部市に600メガワット規模の石炭火力設備の2つのインストールの計画でした。 大阪ガスは、2019年4月の投資を回収することができるともう信じないとし、プロジェクトから脱退した。

J-PowerとUbeは、その後、単一の600MWユニットに計画を縮小し、プロジェクトを進めるために、最先端の環境設備やその他のオプションの使用を検討していました。

しかし、他の化石燃料と比較しても、炭素集約的な石炭は日本と他の主要経済国が気候変動のための闘争を強化に応じて増加する逆風に直面しています。 日本は2050年までに炭素排出量ゼロの達成を目標としており、菅義偉首相は金曜日バイデン米大統領との首脳会談では、気候関連の協力の可能性を議論することが予想されます。

日本の経済は、排出を抑制し、非効率的な施設を閉鎖しようとする日本の努力の一環として、すべての石炭火力発電所が2030年までに43%の効率を達成するために要求する計画です。

現在の要件は、液化天然ガス、石油などの炭素集約選択肢を含むすべてのタイプの火力について44.3%です。 日本の電力会社連合会は、石炭において43%を達成することが「非常に野心的な目標」と信じています。

日本には全国で約150個の石炭火力設備があります。 経済部によると、主な公益事業者が運営する企業のうち、2019年度基準を満たした企業は2つ、31個は40%以上の効率を記録した。

新規および既存の工場の両方43%の目標を達成するには、莫大な投資が必要です。 しかし、これは、ユーティリティが石炭火力発電所からの収入を得るまで、通常少なくとも20年がかかるため、危険な措置になることがあり、日本はその中の燃料に、より厳しい制限を適用することができます。

Kannoは「私たちは、全世界的に石炭の反発を見ており、これは私たちの決定に貢献しました」と言いました。

READ  グローバル無気力力学と患者フローレポート2021:2020-2035年に米国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリス、日本、G7諸国に焦点-ResearchAndMarkets.com

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close